これは・・・たぶんどこも取り締まれない・・・

都内複数のコンビニで、色々な中国人が、約1ヶ月の期間で電子マネー(Googleplay等)を買っているらしい。多い店では、ひと月に約一億円も買っているという。なんでも『中国内に持ち込めば、約三割増しで、簡単にさばける』とのこと。元が実質上信用をなくしているのか、それとも、マネーロンダリングのためかはわからないが、そういう商売が簡単にできているらしい。

外為法違反なんだろうが、追い切れないだろうし、おそらく取り締まる側も、やってられないだろう。偽造しているわけではないし、日本国としては「売上」が立つから問題ない、という話になるのだろうか。警察で「ホシ(犯人のことではなく、事件摘発に対する評価のこと)」が高くつくならやるのかもしれないが、そうじゃないとやらない、というのが警察。一つ前の更新で「やってもやんなくても給料一緒」というのがあったが、まぁ、そこまで考えてなくても、同じ困っている人がいても「ホシ(犯人のことではなく、事件解決に対する内部評価のこと)」が高くつく、要するに高評価になる犯罪を優先して取り締まるのだ。(これは捜査経済上の話とは別問題)

まぁ、警察がダメなのはどうでもいいんだが・・・俺も、上記のような儲け話を聞いたら、すぐルート作ってやればいいんだが、やらない。というか、やれない。だからこんなちんけなサイトでモノを書いているのだが・・・。でも、そろそろ、もう、抑えが効かなくなりそうだ。強烈な抑えがなくなって、もうすぐはじけそう。

しかし、やるとしても、外為法に引っかからないようにやったりするんだろうな。今の俺なら、まだ。。。。。