ほんとかなぁ。

ほんとかなぁ。あるブログから引用。オレも孫引きなんで誰のだかわかんないけど、文章でぐぐればわかるだろう。

---------------------------------------------------

今週の火曜日、上司が 日本エネルギー経済研究所が主催する講演会に行ってすごくおもしろい講演を聞いてきた。
石油は元来、生物やプランクトンの死骸が降り積もって出来たものだとされてきたが (有機起源説)、近年、旧ソ連邦を中心に、石油は地球のマグマが炭化水素に圧力をかけて生成したものだという無機起源説が有力となってきた、という話である。

もちろん、無機起源説はまだまだマイノリティな学説だそうなのだが、今まで有機起源説を信じきっていた私にとって、この説は目からウロコ・・・。ワクワクしながら聞いてしまった。

ちなみに、このおじさんは自分が見たり聞いたりした面白いことを人 (主に隣の席に座っている私) にしゃべることによって
自分の脳に記憶を定着させるという少々迷惑な方法を実践している。

詳しい話の内容は以下のとおり。

石油は元来、生物やプランクトンの死骸が降り積もって出来たものだとされてきた。だから、こうした説を唱える有機起源説の学者が石油地質学会を作り、石油探査の理論を形作ってきた。
しかし、近年旧ソ連邦を中心に無機起源説が有力となってきた。つまり、石油は地球のマグマが炭化水素に圧力をかけて生成したものだという説である。主流派の有機起源説学者は、これらの説を取るに足りないと否定してきたが、最近になって数多くの反証が挙げられるに至り、ついに6月、米国石油地質学協会が有機学者と無機学者を集めて討論会を行うまでになった。

多くの反証とは、ベトナムやマレーシア等世界各地で通常の堆積層のはるか下から巨大な油田が発見された。これは基盤岩と言われるいわゆる岩盤であり、そのような固い岩の隙間に なぜ生物の死骸があるのかという問題が提起された。
有機起源説学者は、上層の石油が染み込んで溜まったものだと言っているが、その規模ははるかに大きい。

また下からマントルが吹き出た地層の上に石油がある。これは、地下のマグマが炭化水素を圧縮して石油化したのではないかと思われる。地中にも、また深海底でもマグマからメタンガスつまり炭化水素が吹き出ていることが知られている。
メタンガスは何も生物の死骸から出るに限ったことではない。

また、木星の衛星であるイオに炭化水素があることがロケットをイオに接近させてわかった。隕石には炭化水素が含まれており、宇宙には多くの炭化水素があることがわかってきた。そうなれば、一定の圧力と温度を与えれば炭化水素は石油の組成に変成する。原油の中に必ずダイヤモンドの微細な結晶が含まれているのは、こうした高温高圧で炭化水素が圧縮された過程なのではないかとのことだ。

もし無機起源説が正しいとなると、これまでの石油探鉱地区はがらりと様相を変える。つまり、大陸プレートとプレートがぶつかり合う断層や地溝帯に石油は存在するということになるからだ。
それでは今世界の石油資源の大半を埋蔵しているアラブ諸国の石油資源はどうかというと、これが見事に一列に列を成して油田が存在している。それはアラビアプレートとユーラシアプレートがぶつかり合ってできた断層上に存在することが無機起源説学者によって示されている。

こうなると、日本にも石油はあるのではないかと思わざるを得ない。
石油は世界中のプレートとプレートの境界線上の地下深くに存在するかもしれない。
問題は、あまりに深いので、探鉱費用がバカにならないことだ。一発を当てるためのコストが大きいため、そう簡単に ここ掘れワンワン とはいかないところが問題である。

しかし、無機起源説が正しければ、石油は地中で生産されていることになる。そうなれば可採埋蔵量の減少によってパニックになっている現在の石油価格は何なのかということになる。
たとえ無機起源説が本当だと実証されなくても、このニュースが市場に伝われば、狂乱的な石油価格上昇パニックは一段落して下落に転じることであろう。

そんな感じ。