北海道の似鳥君、同級生。

題名、もちろん社長と同級生ではないのだが。

それにしても、北海道の奴って「酒のんでダメな奴」って多いよなぁ。似てるよこの文章だけ読むと。

以下日経から引用。

http://www.nikkei.com/my/#!/article/DGKKZO85092080R30C15A3BC8000/

今も飲み過ぎるし、遊び好き。だらしない性格も変わっていない。逆に何もできないから、色々な人の力を借りながら成功できたと思う。家内からは「あなたは人が普通にできることはできないけど、人がやらないことはやるわね」とからかわれる。(中略)賢くないので、あれこれとリスクは考えずに突っ走ることができた。(中略)幼少期、青年期はいじめにも遭ったが、忘れっぽい性格も事業には向いていたかもしれない。七転八倒の人生で、今では信じられないような「悪さ」もやらかした。人並みのことができない問題児の若気の至りと受け止めていただければ、幸いである。(*引用ここまで)

↑まるっきり一緒。飲み過ぎて失敗するし、ダラダラ遊ぶの大好き。人のいうことまるで聞かない。リスクもちょっとは考えるが、「いざとなったら死ねばいいや」としか考えない。義務になるといやになる。いつも人の力借りてる。確かに、人が出来ることが出来ないけど、人が出来ないことを難なくこなす。いじめられたこともあるし、忘れっぽい。とんでもない事をしたこともある。同じだ(笑)。

俺のことをスゴいという人がいるが、なんのことはない、単なる頭のおかしい奴だ。人と同じことやってて一発当てるなんてのは不可能だから、頭がおかしいくらいでちょうどいいのだが。

たしかに普段は、キチガイの方が生きるの楽かもしれない。人が困るときに困らないから。でも、「なんでこんな事で悩むの」っていうところで妙にこだわって悩んだりする。この世に生きていても無駄だと思ったことは1回2回じゃない。物事の結論、本音が見えるという、変な千里眼があるから、表向き「すごいね」といいながらもどこかで冷めてる自分がいる。常に自分が2人くらいいるみたい。

どうすりゃいいのかね。俺を気分良く引っ張ってうまくやってくれる人がいれば救われるのかもしれないけど、俺を引っ張れる人なんてまずいないし、今後も現れないからね。