全ては自分なのだ。

子曰、予欲無言、子貢曰、子如不言、則小子何述焉、子曰、天何言哉、四時行焉、百物生焉、天何言哉

子曰く、予言うこと無からんと欲す。子貢曰く、子如し言わずんば、則ち小子何をか述べん。子曰く、天何をか言わんや。四時行われ、百物生ず。天何をか言わんや。 

孔子先生がおっしゃられた。わたしはもう口に出していわないとにしよう。弟子の子貢がこれに対して「先生が私達におしえてくれなければ、僕たちは何を基準にして自分の弟子に説明したらいいんでしょうか。」孔子先生はおっしゃれた。「天のカミサマは口をきいてはなしてくれるだろうか。それでも時間は立っていく、全てのものはうまれてくるではないか、そのことについてカミサマはなにか言及してくるだろうか」