二階俊博が言うと何もかもカネのために聞こえる(笑)

二階はさぁ、北京に次連れて行く人数が集まんなくて困ってるんだって?そりゃそうだ、業者が全員「前回の中国行きは、nikaidou.comの言うとおり、カネ取られてなんもいいことなかった」って言ってんだもん。大体、二階俊博のルートだったら俺のルートの方がもはや上だったりして。業者にとってはそりゃそうだ、どうでもいい習近平なんかよりも、実際にちゃんとカネが落ちるものの方がいいもの。

以下共同通信。ほんと、規制がどうの、職責がどうのとか言ってるけど、どうせ、「先に利権作ろう」とかそういうアタマがあるんだろ。危機管理なんか二階がやる気あるわけねぇじゃねぇか。あいつは、カネだけだよ。全部カネ。もれなくカネ。徹頭徹尾カネ。しかもお前、国の事業金カスろうとしてるな、とある件で・笑

-----------------------------------------------------

自民党の二階俊博総務会長は24日、菅義偉官房長官と官邸で会談し、官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件に関し、重要施設上空の飛行を禁止する法規制に向けて、議員立法の準備を進める考えを伝えた。今国会中の法規制を検討する政府側の対応を促す狙いがある。両氏は早期の法規制が必要との認識で一致した。公明党も党内議論を始めた。

会談後、二階氏は議員立法に関し「政府提出法案だけでは議員の職責を果たせない。国会側が態度を示すことで、内閣も機敏な行動が取れる」と記者団に語った。

議員立法は、官邸や国会、中央官庁などの上空を小型無人機が飛行することを禁じ、違反した場合には罰則を科す内容を想定している。二階氏が会長を務める党国土強靱化総合調査会にドローン対策のための小委員会を設置し、検討を進める。最終的に政府提出法案に一本化する可能性がある。小委員長には古屋圭司前国家公安委員長が就く。