ニッカウヰスキーの「余市」終売なの?

スッキリしてて飲みやすいんだけど・・・まぁ、酒をそんなに飲まないので、なくなろうが何だろうがいいんだけど、売れているのに終売だという。理由が、

「最近のウイスキーブームで原酒がなくて」

とか、意味がわからん。作れよ。

原酒がないんじゃないだろ。買収したのはいいけど、そんなに当たると思ってないし「いつか売り払おう」と思っていたんだろ。「設備メンテとかとか適当にやってて、いきなり増産しようとしても無理でした」、とか、「いくら売れるようになったと言っても、ブームがいつまで続くかわからないし、大規模投資で工場を大きくできない。アサヒビールの採算ラインに乗るかわからないのでやめます」って話だろ。じゃなかったら、作ればいいじゃねぇか。何年かかろうとも。結局、原酒がないんじゃなくて、「今すぐカネにならんからやめます」って話じゃないの?

物事は建前ばかりだこの国は。それを信じる奴は損をする。信じないで自分で調べる奴は、得をする。

というわけで、上記の話、メーカーの人は教えてくださいな裏話を。

-貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか?