香港ドルの信頼性がない

> 2022年に香港ドル廃止の意向。

返還前後から、中国銀行が裏付け無しに、香港ドルの紙幣を印刷しているので、市場に香港ドルが溢れています。損をするのは、香港市民と、香港ドルの紙幣を印刷している英国植民地系銀行(香港上海銀行、スタンダード・チャータード銀行)です。

既に、「返還後、50年間法制度を維持する」という公約は反故同然ですので、中国との約束も制裁事項が付いていないと無効ということです。

人民元の国際化の一環ですが、香港ドルの後ろ盾である、英国金融システムに喧嘩を売って、タダでは済まないでしょう。

(コメント)しかも偽札ですよ。刷るより安いからそっちから買ってるって。中国内に流通している紙幣の4分の1が偽札だって。どんな国なんだよ・・・。