新国立競技場は今井秘書官の一言で白紙に。

2015/07/19

新国立競技場の計画見直しを決断させたのは、安倍総理秘書官の今井なんだって。今井は経産省のことしか考えてない「ミスター経産省」な人だからそういう思い切った提言ができるんだねぇ。根回ししないでやったから文科省も困ってるみたいだね。まぁ、森に「ザハのデザイン嫌だった」とか言われちゃァおしまいだけどね。

まぁとにかく今井秘書官は、安保法案でごたつき、支持率が下がっているところに「安倍総理が強力なリーダーシップを発揮して税金の無駄遣いを防いだ」という”絵を描いた”。これで、内閣支持率が上がればいいのだが、果たしてどうなるやら。

だいたい、もうみんな気が緩んでやりたい放題やってる頃だ。参院選の同日選挙、できるかな?もうやらない方がいいかもね。どうしても憲法改正やりたいみたいだけど・・・。

「安倍はバカだから、結局、自分では決断できなくて、周りの言いなりになるしかないし、墓穴を掘らなければいいが」というのは、自民党幹部議員。みこしは軽い方がいいが・・・はてさて。

ただ、これで支持率を上げようとは姑息そのもの。まぁ、マスコミ対策も万全なのでしょうが、野党に付け入る隙を与えているので、舌鋒鋭い人間がなんらかの「資料」を手に入れた場合、ややこしい話になることもありそうです。

また、イギリスのザハのデザインは、オリンピック招致活動に利用されていて、貢献度が高い、という裏話があるそうで。「今後、オモテでも裏でも国際問題にならなければいいが」という風に心配する関係者もいます。しかしさすがにそこら辺は決断の前に根回ししてるはずですが・・・。