法務省大臣官房へその2

「昨日の大阪地検に関する投稿はデマでしたので非掲載にしていただけますと幸いです」

↑こんなメールが来た。最初と同じメールアドレスだ。内容はともかく、内部に不満があるというのは間違いない。
動機は何だろう。内部抗争なのか、単に送ってみただけなのか?「本当なのか違うのか」という、内容はどうでもいい。

実はこの投稿、「投稿は、特定できるメールアドレスから届いている」のだ。検察の力をもって調べれば誰かはわかるだろう。

法務省は、内容の真偽もさることながら、「不満が産まれている」というところの対処、要するに内部調査をしたほうがいい。犯人特定だけではダメだぞ。「不満を外にぶつけたくなる環境」が問題なんだから。