最期に至るまで精神修養

本なんか何冊読んでも変わらないのだが。「精神が研ぎ澄まされて穏やかに円くなり豊かに生きる」というのをアタマで考えるからいけないのだろうか。

人里離れた田舎で毎日本を読んで暮らす自由人になれたらいいなぁ。