大成建設は麻生財務大臣にも働きかけ

楽しいねぇ。みんな。

以前、

「菅官房長官の息子が大成建設にいる、だからオリンピックスタジアムは大成がやることになるだろう」

と報じたが、案の定、業界でも「大成建設グレープが大本命」との噂で持ちきり。まぁ、そうなんだろうね。大成建設は、文教族のドンである麻生財務大臣へも結構取り入っていて、「万全の態勢」らしいよん。秘書が・・・細かいこと書くと誰に聞いたかバレるからやめとく(笑)。

ところでみんなが気になる「利権」はどうなのかというと、麻生のほうが麻生セメント使うとか使わないとかで問題だという人もいるみたいだけど、文科省に聞くと「菅官房長官の息子が大成建設の社員だという情報は大いに問題あり」とのこと。そりゃそうだべ。

マスコミの皆さん。この際、菅と麻生の利権を潰すためにも、もう少し調べてみては?え?おまえがやれって?10年前ならともかくもうそんな気力無いよ。財布もなくしたし(苦笑)。

さて話がそれた。鹿島建設のとある偉い人によれば、

「工期や予算に限度があり、大成建設が受注後に、ゴネて、工期も予算も間に合わないと手を上げれば、政府はそれに応じざるを得ない」

という。つまりまた「途中で値上げ」が可能(=利権の追加が可能)という話みたい。もう笑えるよね当たり前すぎて。

「契約後は、請負業者が主導権を持つ。つまり、大成が落としたなら、政府は大成建設の言いなりになる」

と、文科省の別の関係者。さらに、

「工期はなんとか守れるにしても、工事費は、建築資材や労務費の高騰と、請負業者の言い値で、1550億円どころの話ではなくなり、かるく2500億円を超える」

とも。まぁ、ガースーこと菅官房長官のおぼっちゃま君が、こんな大利権の関わる大成建設の社員だなんて、安保法案よりダメな話だろうが!左翼はこういうところを調べなさいよ。デモやるならこういうことを叫べよ。「菅官房長官の息子が大成建設だ!」って。。。まぁ、職業左翼と、母親が活動家の憲法違反議員、なりすましのバカ、ノリできたガキしかいないあいつらに期待しても無駄か・・・

こんな利権話に「公正な選考」なんてあるわきゃない。麻生と菅でがっちりタッグ、鉄も、新日鐵じゃなくて神戸製鋼(安倍の出身母体)だったらもう・・・(笑)。

↑こういう話を攻められたらみんないやなんだよ。デモの奴らはよく覚えとけ!