そういえば

TPPに反対していた人たちは、まだ反対しているのかな。「日本を売り渡す」とか、そんなことはない。農業はもう「ダメ」なのだ。地元利権、農業委員会、JA、etc・・・そんなものみんなすべて吹っ飛ばして「工場農業をやる農業法人、それも電気会社やらなにやらが簡単に参入できるように」しないとダメなのだ。いつまでもジジババが畑に突っ立てるようではダメなのだ。いや、べつに今の農業は農業でやればいい。ただ、もっと生産効率を上げてよいものを大量に作っていけばいい。「昔からの農業がいい」という人はいるだろうが、そもそもやる人がいねぇんだものしょうがない。

ほかにも知的財産医薬品その他でいろんな「日本に不利」があったのかもしれないが、それと同時に「日本に有利」になることだってたくさんあるはずだ。産業構造や職業構造を変えればいいだけである。特に肉は、日本の場合「得体の知れない怖い団体が肉の価格を決めている」なんていうのがおかしな話であって、そんなものはすっ飛ばしてよい。別にアブラまみれの牛肉がなくなったところで健康にこそなれ、我が国が損をすることはないだろう。