この国の建前にはちゃんちゃらおかしくて・・・

以下共同通信。

 政府はパリ同時多発テロを受け、テロ関連情報の一元的な集約のため外務省に新設する「国際テロ情報収集ユニット」の発足を来年4月から数カ月前倒しする方針を固めた。複数の政府関係者が19日、明らかにした。2015年度補正予算案に関連費を計上する方向で調整している。来年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に備えたテロ対策の一環となる。情報収集ユニットは過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件を踏まえて設置が決まっていた。外務省のほか警察庁、防衛省などから現地の情勢に精通した専門家を集め、数十人規模で構成する予定だ。テロが懸念される北アフリカや中東などの地域別に班を編成し、情報収集と分析に当たる。このうち一部の人員を前倒しで配置する案が有力となっている。省庁の縦割りを排し、官邸に重要情報が速やかに伝わる体制の構築を目指す。(*引用ここまで)

先日こんな記事を出した。

http://www.nikaidou.com/archives/72806

要するに、外務省がテロ分析官を非常勤で募集しているんだが、どうみても、現場情報じゃなくて「仲間内の雇用対策事業のたぐい、あるいは自分たちのハクつけ(教授とか)のそういう架け橋にしか思えないんだよね。

当サイトの中東テロ専門科は4人いるんだけどその一人はこういっていたよ。

-----------------------------

「害務省のページにジャンプして、募集内容を見て爆笑しました(笑)。応募する気なんてさらさら無いですが書きますと、英語能力(現地語はOK)と現在の居住地などの条件は当てはまるんですが、向こうに住んでてテロ組織と喧嘩した時に害務省に見殺しにされそうになったから、個人的には、絶対イヤだって感じです(爆笑)」

だそうで。

「しかし、この程度の事が自力で出来ない害務省なんて存在理由が無いですね。個人の活動(調査)レベルより国家のほうが活動(調査)レベル低いんですから。何のために税金使って在外大使館置いてんだか解らんですな。(呆)あっ! そうか!!税金使って現地でパーティーやって飲み食いして、現地にムダ金ばら撒く為だっけか、ゴメン ゴメン害務省さん。(大爆笑)」

↑まぁ、それも外交だけども、そんなの楽しいのかねぇ。ワイン飲んでパーティーばっかり。俺はそれも楽しいけど、ゲリラの近くまで行って、ドローンで菌撒いてくるとかの方が楽しいと思うよ(笑)。

 

官邸に重要情報?あげるわけないじゃん。誰々の功績とかそんなのばっかりだもん。警察庁にいてよくわかったよ。保身とかそんなのしかないんだもん。ホント役人ってつまんねぇ奴らだな、カネもねぇし人間はしょぼいし・・・まぁ、中には腹も据わって面白い奴もいるんだけど。そんな奴はそのうち俺がスカウトして国から取っちまおうと思ってる。アホな国より「面白いこと」の方が好きなんだよね本当に頭のいい奴は。