物事の片面しか見ない本省組織

<国土交通省さんより>いつも二階堂ドットコムを拝見してます。

他省庁ではよくわからないのですが、国土交通省某局では、以下の状況に問題意識を感じていません。

・ある事業を行うと、維持費が今よりも年間で約2億円下がります。10年で約20億円です。しかしながら、その事業のための整備費用や開発費用にトータルで20億円以上かかります。

↑私は、この事業の一部を担当させられてるのですが、まったくモチベーションがあがりません。労多く益少なし、で、地方支分部局からのクレーム(やくざ並みの口調で)が少なくないです。サッサと抜け出したいです。

他省庁では、こんなバカバカしい事業をやっていたりするんですかね?

(コメント)政治家も官僚も、おそらく国の全面を見て考えて「滅私奉公only」なヒトってほとんどいないと思います。そんなもんなのかもしれませんよ。所詮ニンゲンのやることです。みんないい思いはしたいし、地位も名誉もカネもほしいのでしょう。あと日本人特有の「前例踏襲、変化せず。遅れず休まず働かず」ってのがあってダメなのでしょう。

まぁ、無駄遣いも国内ならまだ許せますけどね・・・・・・・。