公務員なんだから当たり前だろ。

ちゃんと「秘密漏らした公務員に厳罰を科す」のが特定機密保持法だって書いてるじゃねぇか。国民に関係ないだろ。だいたい、公務員が秘密漏らさないなんてのは当たり前なんだよ。それをベラベラしゃべったりマスコミに売ったり、あげくには中国に売ったり(防衛省の例だけでなく)、そんなろくでもない公務員減った方がいいに決まってるだろ。反対している奴なんて、「おまえの生活に一切関係ないよ」と言いたいよ(笑)。どうせ反対しているのはタダの左翼バカなんだから。

以下共同通信から引用

機密を漏らした公務員らに厳罰を科す特定秘密保護法は10日、施行から1年を迎えた。政府は、漏えいすれば国の安全に著しい支障を与える恐れがある特定秘密を取り扱う公務員らの身辺を調べる「適性評価」を11月末までに実施。法運用が本格化する一方、その実態には依然として不透明さが残り、情報開示の在り方も今後の課題だ。外務、防衛両省や警察庁など20の行政機関が、特定秘密の指定権限を持っている。法運用を指揮・監督する事務次官級による「内閣保全監視委員会」(委員長・岩城光英法相)などのチェック機関を政府内に置いたが、「身内」による監視には、実効性を担保できるのか疑問視する見方がある。特定秘密を扱う公務員らの身辺を調べる適性評価をめぐっては12月1日以降、評価をクリアした職員だけが秘密を扱うことになった。内閣官房によると、適性評価の対象となった職員らの数は9万7560人。行政機関別では、防衛省が9万202人(職員8万9626人、民間業者576人)と最も多かった。対象者のうち1人が不適格となった。精神疾患や飲酒の程度まで調査され、プライバシー侵害を懸念する声が根強い。

↑思うんだけど、たとえば「1兆円使途不明です」ってのなら「おまえいい加減にしろふざけんなよ」ってなるけど、そんな予算なんて使うわけでもない。内容に対するモノならそんなモノむしろホイホイ公開する方がどうかしていると思うよ。

「精神疾患や飲酒の程度まで調査され」って、当たり前だろ!酒飲んだらベラベラしゃべる奴とかダメだし、精神病に秘密扱わせる方が国民が不安だろうが!漏らしても「精神疾患で無実です」とかになっちゃって、漏れた秘密はどうしようもなくなる。プライバシーなんてあるわけねぇだろ秘密扱う公務員に。

むしろ、適正評価を拒否した公務員が誰なのか、それが一番問題だよ。宗教がらみか犯罪やってるか、やましい奴なんだから。

ちなみに、「何が機密なのかわからない」わけだろ一般民は。だからたとえ、機密に指定されているモノでも、書いちゃっても問題ないんだよ。機密だって知らないんだから、それ書こうが何しようが罰せられないだろ。だから、一般民には関係ないんだよ。一般民はとにかく働いて自分の生活を第一に考えればいいんだよ。