教養と格式は、余裕のあるものにしかつかない。

「優れた格式に関する知識や習慣は 、長期間継続的に用いてはじめて身につくものである 。洗練された趣味 、礼儀作法や生活習慣は 、上品さの便利な証拠になる 。というのは 、立派な教養を身につけるには 、時間と努力とお金が必要であり 、したがって 、時間とエネルギーをもっぱら労働に吸いとられてしまっている人々には 、達成しえないものだからである」