オリンピックと徳川の呪い

何度かお送りしている 「単なる利権」のオリンピック、新国立競技場のオカルトネタで恐縮ですが。

最近、「エンブレムや競技場が上手く行かないのは、徳川家の呪いではないか」と、建設関係者。

というのも、かつて、千駄ヶ谷駅前に、徳川宗家16代家達の屋敷(敷地は約10万坪)があったらしい。それが、15代の慶喜で途絶えたため、家達が将軍になれなかったことは周知の事実。

で、話としては、家達やその周辺が
「最高権力を、外国から資金を得たテロリストの薩長藩士や、勝海舟のような内部の裏切り者により手放さざるをえなかった怨み」
をいまだ抱いており、それがあの一体の土地に残っているとの話。いやぁ、そうだとしたら強力な地縛霊ですなあ。

確かに、千駄ヶ谷で"大成"した会社ってないかも。。。