東京の都市公園のおかしさ・・・保育園反対の真のわけ

以下投稿。あまり詳しくないので俺の意見は避けるが、つまり「ガキがうるさいから保育園がいやなわけじゃなくて、進め方がおかしい」という話だ。

---------------------------------------

さて政府は昨年6月に待機児童緩和しようと改正国家戦略特区法によって、都立公園内における保育所の設置が解禁されました。
都市公園法では公園内で保育園、など社会福祉法人の設置を認めないが用地確保が困難な地域で待機児童解消につなげるため、都が特区申請して認められたこの法律は今まで出来なかった公園内にも特区申請で認められた場合保育園等の設置が認められる法律です。

 

さて政府は昨年6月に待機児童緩和しようと改正国家戦略特区法によって、都立公園内における保育所の設置が解禁されました。
都市公園法では公園内で保育園、など社会福祉法人の設置を認めないが用地確保が困難な地域で待機児童解消につなげるため、都が特区申請して認められたこの法律は今まで出来なかった公園内にも特区申請で認められた場合保育園等の設置が認められる法律です。

 

実はこれと似たようなプロセスで決定された事案がありました。
ご存知だと思いますが、都市公園内に保育園設置ができるように改正
これは世田谷区が東京都所有する公園内に土地借り入れその後運営会社に
管理運営の形をとるそうです

公園内には二軒まだ生活してる家があります。隣地住民に11月頃に突然の
訪問があり概略説明があったそうですが付近の住民には後日説明会を行いますと
簡単な内容だったそうです。12月に一部マスコミで発表されたそうですが
多くの住民は勿論気づいておらず、噂でここに保育所ができるらしいまして公園内の一軒の家も気づいてませんでした。

12上旬に近くの小学校で付近住民説明会があり「決定」された前提で話があり
今般の少子化問題等もありなし崩しに進められていました。どうしてここにと
多くの参加者が問いただすと?の状態で話 にならない説明会でした。

 

世田谷区の予算議会でも、保育待機児対策担当参事なる新ポストの創設が突然伝えれられ、保育待機児対策本部なる新組織の創設が何ら予告もなく打ち出されましたが、議員が、この本部の新設はいつ決まったのか、どういう組織なのかと担当課長に問うたところ、私たち下々の者にはわかりませんと課長自身戸惑う声が返されたと言います。

反対された人々に聞いてみると多くの人は保育園建設に反対はしておりません。
場所を変えてほしい。その一点だけでした。この建設地の北側200先に広い土地があり高い木々と広い駐車場とれる皆様が納得の場所がありなぜ?送迎用の駐車場所は?説明では自転車で送迎させると公園内は南北に道路があります。何かもやもや感の中で予定地看板が1か月前から準備万端に進められて設置されました。2月中旬に入り設置4月に入り植樹工事に入っております。

1回の説明会それも一方的な説明で設置しますか?

今般の情勢から保育園に反対するものはいないと思いますが・・せめて祖師谷公園内にできる保育園は皆様に暖かく迎えられてスタートしてほしいのです。設置場所だけなんです。
この経緯を官邸HP、都議会、世田谷区議会を私なりに調べましたが、待機児童問題は早急の解決しなければならないが突然祖師谷公園が出てあれよあれよ状態。市川市よりひどい状態です。

場所の変更さえすれば皆様に歓迎されると思います。 昔開園前は古老に聞くと
この土地は建設工事現場の残土、瓦礫、鉄筋コンクリ―トの上に土を被せて
かさ上げをしてるとのこと。瓦礫、コンクリート片、廃材を除いて花を植えています。汚染されてるかもそのような調査をなされたのでしょうか?

 

 

認識と相違ありましたらお許しください。早く公園内に場所変更の上保育園設置出来ますように子供たちにも私達が植えたお花をみて笑いてほしいものです。

住民反対での風潮を一刻も止めなければなりません。東京都、世田谷区の場所について再考願うものです。目の疲れを与えて申し訳ありません

二階堂様の益々のご活躍お祈りします。