月が満ちているときは動くべきでない、と詠むね。

この世をば、

わが世とぞ思ふ望月(もちづき)の

欠けたることも

なしと思へば