【インテリジェンス・K】アメリカの動き 8月1日 プーチンの高笑い

トルコも困ったものですが、中国も困ったものです。現在のところ、ロシアのプーチン大統領の一人勝ちといったイメージがあります。アメリカが、ロシアに対してどのような関係を維持するのかがわかれば、1つの投資上のヒントになることでしょう。

それはそうと、日本人がこのところ中国当局にスパイ容疑で起訴されていますね。日中関係が今後悪くなることはあっても、良くなることはないというサインと見なすべきでしょう。いよいよ、企業ぐるみで中国から撤退しなければならない時期です。

[誰も、何も、犠牲にしていない]

[アメリカ大統領選と外交政策]

[ロシア]

[アフガニスタン]

[ブロードウエイの広告]

[中国]

[トルコ]

[FEDはマイナス金利政策を採用するのか]

[グラウカス社]

http://www.j-cia.com/archives/12696