【インテリジェンス・K】アメリカの動き 12月19日 意外な首脳会談

今回の日ロ交渉では、残念ながら北方領土は返還されませんでした。そして、一定規模の経済交流は始まるので、「食い逃げ」という批判も仕方がないのかも知れません。

しかし、メディアが報道していない重大問題があります(メディア自身の問題でもあるため)。その観点からすれば、「今回は、日本側の都合で仕方がなかった」ことが理解出来るでしょう。そして、その日本側の事情を公開するわけにも行かないという皮肉な状況です。これは、あくまで主観的な印象ですが、プーチン大統領は安倍首相に相当程度荷担しているようです。この信頼関係の強さを、某国は決して無視すべきではありません。

すべてが、ほんとうにすべてが、世界戦争に向けて動き出したといえるでしょう。

[首脳会談に関する“風の噂”]

[プーチンの情熱]

[イスラエル]

[インド]

[始まるつばぜり合い]

[ドイツ]

 

http://www.j-cia.com/archives/13009

-J-CIA記事紹介