電車に盲導犬がいるのを見ました

盲導犬の生涯は短いという。やはりストレスが溜まるせいなのだろうか。
人間に使役されるという点では、警察犬もその生涯は短いらしい。空港で働く麻薬犬もしかり。
犬ですら寿命が縮むのだから、大部分の使用人(サラリーマン、役人etc)の人生もストレスで短くなるのは当たり前ともいえよう。そこまでの研究をした人はいないのだろうが、日本人の約半分がかかり、三分の一が死亡する原因となる「ガン」というのは、やはりストレスが引き起こす確率が高いだろう。

とはいえ、社会がみんな俺みたいなやつになってしまっては世の中がまともに回らなくなるのは言うまでもないが(笑)。

盲導犬の話に戻すと、希望者にはなかなか回ってこないそうだ。訓練をしても素質のないものもいるし、そもそも、訓練できるやつが少ないらしい。
金になりゃどんどん参入するのだろうが、商人は当然ながら金にならんことはやらない。それは公共で補完するしかないのだが、道路の予算は出ても犬の予算はちっぽけなものだ。

致し方ないのであろうが、せめて自分に金を稼ぐ能力があれば、と思う今日この頃。「ビジネス」とやらではなく、訳のわからんことに金を使って、偽善者と言われるくらいの人物になれたらそれは楽しいことだろう。
「悪さで稼いだ金は社会還元」
ということができればいいのになぁ。