Market Forecast 2017/01/16 上がっても下がっても儲かる株!今年も儲けて!

先週予告しておいた通り、ドル円の115円から114円という予測は当たったと考えて良いでしょう。したがって、114円台に突入するまで、買いを入れるのを待った人は良いポジションが取れたはずです。それ以前に、円高が進行すれば、株式相場が全体として下落することは自明なのですから、売りを積極的に行った人はかなり儲かったはずです。また、下げ相場の時は、オーバーシュートしたときに買い推奨銘柄を購入していただければ、一層の利益を上げることが出来るでしょう。

たまには予告通りに下がった方も紹介しましょうか。三菱UFJフィナンシャル・グループは4円程度下がりました。三井住友フィナンシャルグループは、火曜日の内に20円下がりました。三井住友トラスト・ホールディングスは80円程度下落しました。トヨタ自動車は100円程度下落しました。日産自動車も20円程度下がりました。小野薬品工業は150円程度下落しました。宝印刷は20円程度下落しました。アスクルは150円程度下落しました。ファーストリテイリングは400円程度下落しました。良品計画は火曜日に400円程度下落しました。国際石油開発帝石に関しては時間にもよりますが、10円程度は下がっているはずです。アクトコールは12円程度下落しています。

上昇した銘柄に関しても、U-NEXTであれば、水曜日に買っていれば、20円程度は儲かったはずです。ビジョンも水曜日に買っていれば150円程度抜けていたでしょう。メディカル・データ・ビジョンも木曜日の底で買っていれば、やはり150円程度は儲けられたはずです。タカタは100円以上上がりました。東芝は月曜日に買っていれば15円程度、木曜日に買っていれば5円程度は儲かったでしょう。アンリツは水曜日に買っても20円程度は上昇していました。アルチザネットワークスも水曜日に買っていれば少なくとも20円は抜けていたでしょう。ルネサスエレクトロニクスは、下がったところで買っていれば、10円程度は儲かったでしょう。ゼンリンは火曜日に決着をつけていれば100円程度は儲かったでしょう。ダイフクは月曜日に買っていれば、少なくとも20円、木曜日の下がった段階で買っていれば、30円程度は抜けたはずです。川田テクノロジーズは、400円から600円程度上昇しています。アイシン精機は少なくとも40円は儲かったはずです。東京電力ホールディングスは火曜日の内に10円程度上昇しています。アビストは水曜日に買っていれば、250円上昇しました。エボラブルアジアは300円程度上昇しました。ユナイテッド・アローズは150円程度上昇しました。ジェイアイエヌは100円程度上昇しました。カワチ薬品は少なくとも60円の上昇は確保できたはずです。イオンは40円程度上昇しました。

http://www.j-cia.com/archives/13071