当然、ヒトイチは調査済み

警察庁キャリアの男性警視長阿武考雄(40代)が警視庁在職当時、仕事を通じて知り合った女性と不倫関係になり、この女性が経営する会社が警視庁側から事業を受注していたことが、警察庁への取材で分かった。同庁は受注に至る経緯や情報漏洩(ろうえい)がなかったかなどを調べている。

阿武考雄警視長は2015年、警視庁交通部の課長に就任した。警察庁関係者によると、仕事でこの女性と知り合い、交際するようになった。女性の会社はイベント関係などの仕事をしており、交通部にかかわる業務を警視庁側から受注していたという。

阿武考雄警視長は16年、警察庁の室長に異動。本人からこの女性について申告があったといい、警察庁は調査のため、7日付で長官官房付に異動させた。調査結果をふまえ、阿武考雄警視長の処分も検討する。

↑朝日より。官報見りゃ誰だかすぐわかるな。今サッと携帯で見た限りじゃわからんが、すぐわかるだろう。阿武考雄ってな。(教えてもらいました)
昔から、警視庁の交通は利権の巣だって言ってただろ。相手の業者名出てないけど、板橋区の有名業者?違う?まぁそのうちわかるわ(笑)