ドキドキとワクワク

今日は、なかった。ドキドキとワクワク。ある本に「一日の終わりに、よかったと思う事をこじつけでもいいから10個思い出して自分を褒め、逆に悪かったと思う事は1つから3つ思い出して次は頑張ろうと思ってから寝るといい」とあった。このプログラムは、「よい事のほうが多いんだ」と自分を元気づけるのが目的だ。悪い事がたくさんあっても、それはあれもこれも思い出す必要はない。

いいこと、というのはもちろん、宝くじが当たったとかそういうモノも含まれるが、一日の小さな出来事でいい。道ばたに植えてある花が綺麗だったとか、電車で美人をみたとか、ダイエットのために一駅歩いたとか、その程度の話でいい。とにかくいい事を多く頭に植え付けて寝る。それでだいぶ違うだろう。1ヶ月もやれば気分は少しはマシになっているとおもう。

あと、どうしようもないときは、開き直りしかない。開き直れば何でもできる。大体、人の悩みは人間関係とカネの問題の二つにつきる。ただ、最後は開き直らないと、自分の精神が崩壊する。

明日はどんなワクワクやドキドキがあるんだろう。ないかもしれないけど、あるかもしれない。いやそれどころではない、明日はとても忙しいのだ。しかも、今日の仕事が終わっていない。

今日より明日が少しだけよければいいなぁ。みなさんも、いい事ありますように。たとえ占いが悪くても、いい方に考える事です。そしてあるがままの自分を自分で納得する。問題を抱えているとなかなか寝れないとか、寝る時間ないほど忙しいとか資金繰りだとかで大変だと思います。

でも、結局の所、全部ひっくり返して逃亡しないのなら、地道にやるしかない。酒なんか飲んでも事態は好転しませんし、飲み屋のねぇちゃんが金貸してくれたり仕事手伝ってくれたりするわけじゃない。

だから、1歩でもいいからやるしかない。まだ会社に行けているあなたなら大丈夫。明日も、いいことがありますように。