水間さんより

まず冒頭に水間さんへのメッセージを。水間さん、籠池は工作だよありゃ。以下、水間さんよりのメール

---------------------------------

6年間、近現代史に関わる著書に没頭してましたが、完結編を出版できましたのが、時事問題の最前線に復帰しますので、重ね重ね宜しくお願い致します。

水間政憲拝

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

  • 超拡散宜しく《 ひと目シリーズ最終巻(全10巻) 『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』[天皇のご即位とご退位のすべて]が3月17日発売になりました》

 

 

■なかなか決着がつかない「歴史認識問題」ですが、2009年の総選挙で自民党歴史議連の創立者で中川昭一初代会長、中山成彬会長、西川京子事務局長、

戸井田徹南京問題小委員長など、票に直接結びつかない「歴史認識問題」を政治活動の中心に据え熱心に活動していただいていた衆議院議員全員が落選し、1ヵ月後には、その中心的存在だった中川昭一氏が突然亡くなり、国会議員と連携して歴史認識是正活動をする戦略を転換せざるを得なくまりました。

 

それは、2009年10月27日、中川昭一氏の追悼と「反日法案反対要請」を兼ねた会を私がインターネット上に呼び掛け憲政記念館で行いましたが、南は九州、北は北海道、香港からも駆けつけ参加された方もおりました。

 

司会は中川昭一氏がお姉さんと慕っていた西川京子歴史議連事務局長(現:九州国際大学学長)にお願いし、落選された同志だった前国会議員が20数名、

参集された国民は警察統計で5000名になり、憲政記念館の広い駐車場や門の外の歩道にも溢れておりました。

 

当時、民主党政権下の危機的状況でできることは限られていました。

 

実際、オピニオン誌に「歴史認識」に関するレポートを寄稿しても国会を民主党が牛耳っている以上、結果をだすことはできません。

 

そこで捲土重来、保守政党が政権を取り戻したときに「歴史認識の根本」を一次資料で理解できる「武器になる図書」との位置付けで「ひと目シリーズ」の企画をスタートさせてから6年たち、最終巻は「天皇」で締める予定でしたが、昨年夏に「天皇のご即位とご退位」の問題が起きましたので、この機会に国民に「天皇」に関する基本的な知識と、「天皇のご即位とご退位」に関する問題からイデオロギー排し、日本人であれば反論できないように纏めて、

これから本格化する「天皇のご退位問題」に一石を投じる資料本として上梓したのが『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』です。

 

同書を読了された皆様方には、親くされていらっしゃる街の美容院や理髪店、歯科医院のブックスタンドに置かせいただければ、

微力ですが国家の根本を安定化させる役割を担えると思っておりますので、何卒宜しくお願い致します。

 

尚、2014年8月5日付朝日新聞朝刊38面に、「水間政憲とSAPIO編集長」などと名指しの批判記事が掲載された以降、書店の中には引き出しの中には「ひと目シリーズ」を隠すところもあり、配本分がそのまま戻ってくるようになっております。

 

全国の同志からの情報によると紀伊國屋書店は隠されませんので、店頭にない場合は紀伊國屋書店で購入していただければと思っております。

 

現在、東アジアの政治状況は、100年に一度の歴史的大転換期になっておりますので、まず日本人として日本国の根本を知るためにも、是非『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』[天皇のご即位とご退位のすべて]を一読していただければ幸いです。

 

 

【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】 http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

 

※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2344.html

 

※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

-貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか?