【インテリジェンスK】アメリカの動き 3月19日 煮詰まるアジア

今週、米軍が北朝鮮を攻撃するということはなさそうです。しかし、北朝鮮に対する包囲網は徐々に狭まっています。ティラーソン国務長官が、この20年間の対北朝鮮政策は失敗であったと公式に認めました。そして、全ての選択肢を考慮するというのですから、最終的に軍事衝突になる可能性は依然として高いといえるでしょう。

前回にも指摘しましたが、第二次朝鮮戦争は、前座に過ぎないのです。本命は中国で、この点には変わりがありません。中国側の誤算はおくとしても、あと2年程度で中国に向けた軍事対決姿勢は完成することでしょう。

[北朝鮮]

[アメリカの敵]

[ドローン技術の流出]

[中国の誤算]

[F35の配備状況]

[トランプ・メルケル会談]

http://www.j-cia.com/archives/13221

-J-CIA記事紹介