新宿労基署、署長が訴えを取り上げず

宗教法人立正佼成会が運利する佼成病院(東京・杉並)に勤務する複数の医師が、残業代の未払いおよび手当等の不払いの訴えをするも、新宿労基署はなぜか動かず。

関係者によると「新宿労基署長が動かないからできない」と、新宿労基署の担当職員から連絡があったという。カネでももらってるの?塩崎事務所に言った方がいいのかなぁ。

なお関係者は、病院を相手取り未払い等の訴訟を提起する模様。

その訴えの一部は以下の通り。なぜ労基署が動かないのかわかりませんね。担当者が「署長が動かない」とはっきり言っていますよ。これは問題化すれば楽しいことになりそうですね。塩崎事務所に誰を行かせよう(・∀・)

1. 勤務は4週8休としながら、医師に週6日勤務を強いた。
2. 上司に強制して、月に150を超える時間外労働を、30時間以内であるとした。
3. 当直していることを把握していながら、医師本人が申請を忘れたら、当直料を払わなかった。
4. 看護師の時間外勤務を、2ヶ月前に変更するまで、過小申請するように強制した。

なお、看護師の実労働をみるのに必要な、電カル管理者の名前も新宿労基署に通知済みとのこと。

-貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか?