そしてimbのサプリだけに頼るのであった

いやぁ、PC前での仕事は体が痛いがクスリを飲まないでナントカ頑張らなくては。肝臓がかなりヤバいので(苦笑)。

というわけで、オメガー3

もそうですが「醗酵アガリクス」で頑張ります。ちなみに7キロくらい痩せました。飯が食えなかったので・・・いやぁ、いいダイエットだった。15年もやってれば休んだって良いわなぁ。以下、おなじみのimb岩田さんより。

---------------------------------------

<imb岩田さんより>いつもお世話になり心から感謝申し上げます。

さて、二階堂様にもご紹介いただきましたリニューアル『オメガ-3(DHA&EPA)』が大好評を受けており、みなさまのお役に立つことを願うばかりです。

先日、興味深い記事が掲載されていました。

【焼鮭の皮やマグロのカマを食べ過ぎてはいけない理由】

http://www.news-postseven.com/archives/20170417_510935.html

『「魚が健康的とされる理由は良質なタンパク質に加えて、魚の皮の部分に多く含まれるオメガ3脂肪酸にあります。血液中の中性脂肪や余分なコレステロールを減少させる働きがあるため、血液をサラサラにする効果が期待できます。しかし、オメガ3脂肪酸は加熱すると過酸化脂質に変化します。これは逆に血液を凝固させる効果も持つ。カリッと香ばしく焼かれた焼鮭の皮は“ここが一番旨い”という人もいるほどですが、食べ過ぎるとかえって血液がドロドロになる要因です」』

『魚は海に流入した水銀を体内に蓄積させる。マグロなどの大型魚は食物連鎖の頂点に位置し、水銀を含んだ小魚を食べるうちに結果的に多くの水銀を体に溜めてしまう。』(NEWSポストセブン 2017年4月17日)

 

私も記事の内容に同感です。そもそもオメガ3脂肪酸の有用性が知られるようになったきっかけは、イヌイットの食生活からです。

極めて脂肪の多い食事をしているのに、現代の生活習慣病と言われる糖尿病、高脂血症、動脈硬化などはなく、心筋梗塞や脳梗塞にかかることは皆無に近い…。その謎の答えは、アザラシやオットセイをよく食べることによってオメガ3脂肪酸、つまりDHA・EPAをたくさん摂取していたためと推察されました。

もちろん、イヌイットの食生活をそのまま再現することは不可能ですし、青魚の刺身を食べ続けることも無理です。温度が高ければ生魚は、すぐにいたみます。いたんだ魚特有の生臭さは、「脂肪酸の酸化」を意味します。

そこで、私たちがオメガ3脂肪酸を効率よく摂るには、サプリメントの形状が理想的だということになりますが、大切なのはその品質です。

通常、オメガ3脂肪酸は600℃近い高温で抽出され、空気に触れることによって酸化が始まります。市販のオメガ3脂肪酸を謳うサプリメントのほとんどにはビタミンEが添加されていますが、これは酸化防止剤としての役割が目的です。

アイ・エム・ビーの『オメガ-3(DHA&EPA)』は世界初の特許(特許第4739297号)、「真空・低温ハイブリッド製法」で有用成分を損なうことなく抽出したものです。そのため『オメガ-3(DHA&EPA)』は、先述の酸化防止剤などを一切使用しておりません。

また、水銀をはじめとする重金属類についての安全管理も徹底しており、安心してお召し上がりいただけます。

この機会にぜひ、アイ・エム・ビーの『オメガ-3(DHA&EPA)』が持つ本物の力をお確かめください。

岩田眞人 拝

--------------------------

さて。ここからはオメガー3と一切関係ない別の余談ですが(笑)、実は、休んでいる間「北朝鮮が戦争になるかもしれないのに情報を出さないで云々」とかいうメールをしてきた方がいらっしゃいました。題名だけみて面倒なので捨てましたが(笑)。

報道によれば、米空母カールビンソンはあのとき北朝鮮より5500キロも遠くにいたとか。それではさすがに射程がもたないね。本当にヤバいならそんなに遠くにいるわけない。それに、そんなに遠くにいては「戦闘機による爆撃を繰り返す」という空母の意味がない。

「戦争が起こるときに」っていわれても・・・いや、ずっと休戦しているだけで朝鮮半島は戦争中なんですよ何度も言うように。大戦以来北と南に分離したあとに起こるいわゆる「朝鮮戦争」では、建国間もない中国が北朝鮮と一緒になって南を攻めた。(一般のテレビ見て喜んでるバカはあまりご存じないようですが、いまのシナは1949年建国ですよ!日本は大東亜戦争時には、いまの中華人民共和国とは戦争はしていません)

「共産党の私兵」であり、国軍ではない中国人民解放軍を「義勇軍」と勝手に名乗らせ、北朝鮮とともに韓国側に攻め入ったのが朝鮮戦争の始まり。その後紆余曲折を経ていまになるわけだが、いまも終わっちゃいない。だから

「戦争はこれから起きるんじゃない、既に起きてるんだ!」

と踊る大捜査線の使い古されたセリフを言ってみる。

大体、ミサイルが飛んでくるかもしれないなんて心配してどうするの。核が仮に飛んできたら、まぁ、家の中や地下に入るくらいが対策で、あとはない。いつどこに飛んでくるかもわからんものをずっと警戒してどうするのよ(笑)。そんなに命は高くないですよ。生きるべきヤツは生きるし死ぬ奴はその日が寿命なだけ。

オレがもし、ミサイル発射情報を事前に掴めたとする。これだけで日米両政府にとんでもなく睨まれるし、エビデンスが本当にあって確度が80%以上あるなら、いくら陸海自と悶着が何度もあって嫌いな俺でも、しかるべきルートで提供するだけ。(航空自衛隊は好きです。統幕情報本部や内局も嫌いです)

まぁ10本近い政府直通ルートで速やかに流します。誰かが上に上げるでしょう。上がんなくたってオレの知ったこっちゃない。

当然、そのときここでもJ-CIAでも書きませんよ。たぶん情報が正しければ私は政府の幕僚になる(というか「なんで知ったんだ」の質問攻めというだけだろうけど)し、教えるとしても、うちの身内やVIP会員がせいぜい。当たり前でしょう。なんでオレが自分でやってることを無料で教えてやらなきゃならないの。かわいい子なら教えるけど(笑)。

それに、そもそも、ミサイル発射情報をつかめるほどすごいわけないだろうウチが。評価いただけるのはうれしいけどみんな冷静に。

東日本大震災の際は、既に起こっていたメルトダウン情報は確度100%だったため(細野が漏らした)と、しかるべき組織で活動継続中だったので、きちんと書いた(いまは全部消してあります)。

「確実に発生している危機」だった福島第一原発から逃げろという話と、ミサイルの話は違う(北朝鮮は、もし核を日本に落とすなら沖縄県庁にしてくれ。それならいい・笑)。そんなもの気にしていても仕事や勉強の邪魔だし、何があろうと、死ぬ運命の奴は転んだだけでも死ぬものだ。別に一般人が何人死のうと、それは仕方ないことだろう。残酷というが、交通事故と同じだろう。どんなに自分がきちんとしていても防げないことは世の中にいくらでもある。

心配しなくても、そんなに重要な「ニンゲン」なら、何があっても生き残りますよ。腕片方なくしても生き残った水木しげるみたいに。

そんなことより、目先の事を一生懸命やってれば、運は自分に向いてくるよ。人に期待しないで自分でナントカする生き方ができない人に、たとえ確度100%の情報を上げても役には立たないだろう。確度100%といったとして、一体何人がその場をすぐ離れる?懐疑心で離れるわけがないだろう。それに、そういう直感が働くヤツは、災害の当日、災害の場所にいないものだ(私は東日本大震災の日は大阪の谷町9丁目のホテルの17階にいました偶然)。

自然とよけるんだろうね。変な直感で。

そうそう、それよりも、政府が弾道ミサイルの発射情報をつかんだ場合、J-ALARTなりテレビなりで緊急サイレンが鳴ります。その音を知っておく方がよほどいいでしょう。以下はサイト引用。

-----------------------------

http://www.kokuminhogo.go.jp/arekore/shudan.html#siren

警報が市町村から住民に伝達される際には、武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生したと認められる地域に当該市町村が含まれる場合には、原則としてサイレンを使用して注意喚起が図られることとなっています。政府は、平成17年7月、国民保護に係る警報のサイレン音を決定しました。

http://www.kokuminhogo.go.jp/img/siren.mp3