「獅子は小虫を食わんとてもまず勢いをなす」

なんなんだ一体。物事が必ず裏目に出るというのはどういうことなんだろうか。

「こりゃ大変だ」と思ってると、楽だったり、「これは大丈夫だろう」と思ったら、まさか!となったり。そんなのばっかり。

期待した時ほどそれはひどく逆に、裏目にでる。だからいい話でも、まったく期待しないでボケっとしてるとよくなったり。でも「こりゃこのままいけるな」と安心すると途端にダメだったりね。

夜中の雨の高速運転してるように神経張って、常にずっと疑って疑って信じないで信じないで期待せず期待せず、でいないと突然ダメになるというのが私に起こる出来事。

今年はツキがない。少しずつ読者のみいなさんからもらおうかな。

「獅子は小虫を食わんとてもまず勢いをなす」

っていうけど、普通の仕事ではそれ全然できなくて、変なことが起こった時だけやたらといろいろできるというのは損な性格だ。