やはり集中して書かないとただの文章だ

人を引き込むようにがっつりとしたものにするにはやはり集中して5時間とか書いて、あとは思い出して書けばいいような原稿を書かないとダメだな。

雑誌ライターとか週刊誌の方は見てるかもしれないが、さすがにここに小説家やいわゆる文筆業の方はいないだろう。書いていて分かったが「サイトなんか見てる時間ない」し、集中が途切れる。

とりあえず枠は設けないが15万字くらいのものを書いているのだが、プロット方式じゃないためにどうも時間がかかる。頭から書いて頭から書き直すからどうしても非効率。やはり横に紙おいて書かないと設定を忘れるわね。

それでいて、急ぎの情報が入ったらここやJ-CIAに書くもんだから、そうすると途切れる。そのほか某社の有価証券報告書も見て、さらに文科省の件も情報が入る。もちろん、日々本も読まなくてはならない。

やはり、人から連絡がこない時間に集中執筆時間を設定して、そこで書くしかないのだろうな。

めざせハリポタ!(←半分まじめに言っているところが怖い)