◎熊本市福祉事業の概説(2017.06.07現在)Ver1.0

2017/06/20

*これ以外にもあるとおもいますが、各役所の方、匿名でいいので突っ込みをお願いいたします。

------------------------------

子育てしながら働きがんばるメンヘルサバイバーでシングルマザー・シングルファーザーのあなたへ。

a.子育て

http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/List.aspx?c_id=5&class_set_......lass_id=82

熊本市結婚・子育て応援ガイド

http://www.kumamoto-kekkon-kosodate.jp/

ひとり親家庭等への支援

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=15078......ass_id=223

熊本地震被災者支援制度(冊子)をご利用ください(第9版)

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=12636......ss_id=2441

地震後トラウマで家に帰れない子どもたちのために

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=12678......ass_id=365

 

 

1.児童手当

「父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的」として、児童を養育する父母などに手当を支給する制度

窓口は区役所保健子ども課

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=1996&......ass_id=129

 

 

2.児童扶養手当

父母の離婚等で父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的として支給

窓口は区役所保健子ども課・まちづくりセンター

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=4828&......ass_id=129

 

3.子ども医療費助成(ひまわりカード)

乳幼児及び児童の健康の保持と健全な育成を図るためお子様の医療費を助成

窓口は区役所保健子ども課・まちづくりセンター

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=51&am......ass_id=223

 

4.ひとり親家庭等医療費助成制度

熊本市では、ひとり親家庭等の方に医療費の一部を助成することにより、ひとり親家庭等の方の保健の増進や福祉の向上を目的として、ひとり親家庭等医療費助成制度を設けている。「子ども医療費受給資格者証」(ひまわりカード)、「重度心身障がい者医療費受給資格者証」との併用はできない。

窓口は区役所保健子ども課・まちづくりセンター

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=41&am......ass_id=223

 

5.災害・疾病等による保育料減免について

災害、疾病、その他やむを得ない理由により、保育料の納入が困難となった方を対象に保育料の減免を受けられる場合がある。

窓口は市役所保育幼稚園課

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=2456&......ass_id=223

 

6.家庭ごみ有料化に伴う支援措置について

有料化に伴う支援措置として、次の方には一定枚数の指定袋を配布する。配布については、本市が配布を委託している業者がお届けにお伺いする。

(1)満3歳未満の乳幼児の養育者

燃やすごみ用指定袋(小袋15L)を月齢に応じて10枚~300枚支給する。

※3歳までの分をまとめて一括で支給する。

(3)在宅の生活保護世帯

燃やすごみ用指定袋(1人世帯:小袋15L、2人世帯:中袋30L、3人以上世帯:大袋45L)を年間70枚支給する。

※年度途中で新規に対象となった方は、枚数が少なくなる。

窓口は各区役所総務企画課

https://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=1123......ass_id=591

 

7.JR通勤定期の割引

児童扶養手当の支給を受けている方およびその世帯員が、通勤に伴うJR通勤定期券を購入する際に、熊本市で発行する特定者資格証明書と特定者用定期乗車券購入証明書を提示することにより3割引で購入できる。

窓口は各区役所保健子ども課

https://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=1507......amp;e_id=6

 

8.病児・病後児保育事業

熊本市及び下記連携自治体在住の小学校3年生までの児童が、病気あるいは病気回復期において、保護者が家庭で保育を行うことができない期間内、一時的に施設で保育する制度。(宇城市・合志市・菊陽町・西原村・嘉島町・玉東町・高森町・大津町)

窓口は子ども支援課および実施施設

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=3424&......ass_id=316

http://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=34......flid=86331

 

9.ショートステイ、トワイライトステイ事業

ショートステイ事業とは、保護者が社会的な理由等で家庭で子どもの世話が一時的に難しくなった時や、緊急一時的に母子の保護が必要な時に施設でお預かり又は保護する制度。トワイライトステイ事業は、保護者が仕事等の理由で一時的に平日の夜間又は休日(日・祝)に不在の場合に施設でお預かりし、食事等のお世話をする制度。

窓口は各区役所保健子ども課

http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kosodate/023009.html

 

10.母子家庭等日常生活支援事業

母子家庭などに育児や食事の世話などをお手伝いする日常生活支援員を派遣

窓口は熊本市母子寡婦福祉連合会

https://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=1507......amp;e_id=6

 

12.母子生活支援施設

母子生活支援施設とは、配偶者のいない女子、またはこれに準ずる事情にある女子とその児童(18歳未満)を入所させて保護し、その自立の促進のために生活を支援するところ

窓口は各区役所保健子ども課

https://higomaru-call.jp/faq/CCFaqDetail.asp?id=2042

 

13.公営住宅の収入基準上限の緩和と抽選番号の追加付与、特定目的住宅の募集

市営住宅は、抽選番号について、母子(父子)世帯は1個追加、障害者世帯は1個追加、重複付与無し、障害者世帯は裁量階層となり収入基準上限が緩和される。また、心身障がい者世帯については、特定目的住宅による優遇がある。

県営住宅は、ひとり親(母子・父子)世帯・障害者世帯は受付番号を1個追加、重複付与無し。

窓口は市営住宅:熊本市(中央・北・西区)市営住宅管理センター、熊本市(東・南区)市営住宅管理センター、県営住宅:各福祉事務所

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=375&a......ass_id=211

http://www.city-kumamoto-jyutaku.jp/moushikomi-yuuguu/

http://www.city-kumamoto-jyutaku.jp/moushikomi-syunyukijun-shiei/

http://www.city-kumamoto-jutaku.jp/se/moushikomi-syunyukijun-shiei/

http://www.city-kumamoto-jutaku.jp/se/moushikomi-yuuguu/

 

14.セーフラネットあんしん住み替え相談窓口

住宅セーフティーネット法(住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の健進に関する法律)に基づき、住宅確保要配慮者(高齢者や障がい者、外国人、子育て世帯などの方々)が安心して住み替えができるような位組みづくりを目指して、平成23年7月に発足しました。不動産関係団体、居住支援団体、熊本市が参加し、協働で情報を共有しながら、必要な支援策を協議・実施。

窓口は熊本市居住支援協議会

http://saflanet.com/

 

15.ファミリー・サポート・センター<熊本>

子育て中のご家庭では、「残業で保育園へのお迎えに行けない」など、お困りになった経験がおありではないか。ファミリー・サポート・センター〈熊本〉では、子どもの預かり等の援助を受けたい方(依頼会員)と、その支援を行いたい方(協力会員)とが会員登録し、会員相互による援助活動を行っている。

窓口はファミリー・サポート・センター<熊本>

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=1487&......ass_id=270

http://famisapo-kumamoto.info/

 

16.ひとり親家庭への地域の学習教室

熊本県では、家庭の事情、不安や悩み等を抱え学習に支障を来しているひとり親家庭等の子どもたちに、最寄りの地域で学びの場・安らぎの居場所を確保・提供する「地域の学習教室」事業を行なっている。

http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_14976.html

 

17.平成28年度「こうのとりのゆりかご」の預け入れ状況について

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=16021......ass_id=360

 

18.熊本市母子・父子福祉センター

http://kumamoto-boshi.com/

 

 

b.精神

 

 

http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/List.aspx?c_id=5&class_set_......lass_id=87

障がい者のためのふくしのしおり

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=681&a......ass_id=211

 

 

1.熊本地震で被災された障がいのある方やそのご家族の皆様への相談窓口

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=12689......ass_id=181

窓口は被災地障害者センターくまもと(日本障害フォーラム(JDF)現地事務所)

 

2.熊本市災害時要援護者支援制度について

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=999&a......ass_id=181

窓口は各区役所福祉課及び各出張所

この制度は、災害時に自力で避難できない方や、避難勧告情報等の災害情報が伝わり難い方などを対象として、予め本人の申請に基づき「要援護者登録者名簿」に登録し、地域の自治会、自主防災クラブ、民生委員等及び市の関係機関に名簿を配布し情報を共有することにより、地域と市が協力し、迅速な対応が行えるように体制整備を行うもの

 

3.障害基礎年金

http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=97

窓口は各区役所区民課、各総合出張所、芳野分室

病気やけがで障がい者になったときに一定の条件を満たす人が請求により受けることができる年金

 

4.精神障害者保健福祉手帳

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=56&am......ass_id=134

窓口は各区役所福祉課、各総合出張所

精神疾患のある人が、一定の障害にあることを証明するもの。精神障害のある人の自立と社会参加の促進を図ることを目的としている。手帳をもつことにより、さまざまな支援が受けられる。

 

5.自立支援医療(精神通院医療)

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=3027&......ass_id=321

窓口は各区役所福祉課、各総合出張所

在宅精神障がいの方がこの制度を利用されると、精神疾患のための通院医療費の自己負担が、医療費の1割になる。

 

6.公営住宅の収入基準上限の緩和と抽選番号の追加付与

市営住宅は、抽選番号について、母子(父子)世帯は1個追加、障害者世帯は1個追加、重複付与無し、障害者世帯は裁量階層となり収入基準上限が緩和される。

県営住宅は、ひとり親(母子・父子)世帯・障害者世帯は受付番号を1個追加、重複付与無し。

窓口は市営住宅:熊本市(中央・北・西区)市営住宅管理センター、熊本市(東・南区)市営住宅管理センター、県営住宅:各福祉事務所

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=375&a......ass_id=211

http://www.city-kumamoto-jyutaku.jp/moushikomi-yuuguu/

http://www.city-kumamoto-jyutaku.jp/moushikomi-syunyukijun-shiei/

http://www.city-kumamoto-jutaku.jp/se/moushikomi-syunyukijun-shiei/

http://www.city-kumamoto-jutaku.jp/se/moushikomi-yuuguu/

 

7.セーフラネットあんしん住み替え相談窓口

住宅セーフティーネット法(住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の健進に関する法律)に基づき、住宅確保要配慮者(高齢者や障がい者、外国人、子育て世帯などの方々)が安心して住み替えができるような位組みづくりを目指して、平成23年7月に発足しました。不動産関係団体、居住支援団体、熊本市が参加し、協働で情報を共有しながら、必要な支援策を協議・実施。

窓口は熊本市居住支援協議会

http://saflanet.com/

 

8.障がい者福祉タクシー券

http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=54&am......ass_id=321

窓口は各区役所福祉課、各総合出張所、芳野分室

重度の障がいのある方々の生活拡大及び社会参加の促進を図るため、タクシー料金の一部について助成する「障がい者福祉タクシー券」を交付

 

9.「1-さくらカード」「おでかけICカード(1)」について

https://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=2632

窓口は各区役所福祉課・総合出張所

市内在住の障がい者は、お申し込みにより「1-さくらカード」を利用することができる。

1-さくらカードをお持ちの方は、カードの提示により、市の施設などが無料で利用できるほか、「おでかけICカード」を申請することで、市内を運行する路線バス、電車(JR除く)、市電を障がい者の方は1割の負担で利用することができる。

※通勤・通学には利用できない。

(おでかけICカードの利用には、必ずさくらカードの提示が必要。)

「おでかけICカード」は申請後、即時お受取ができる。対象者区分により2つの種類(1-さくらカード専用、2-さくらカード専用)があるので、間違えのないように申請を。

「1-さくらカード」専用の「おでかけICカード(1)」について、精神障害者保健福祉手帳(1級から3級)をお持ちの方で、交付手数料額は1枚500円(再交付手数料額1,020円)

注:対象者が子どもでも、おでかけICカードをご利用の場合、小児運賃は適用されません。大人運賃でのお支払いとなります。

負担額は、通常運賃の1割を負担(9割引)

 

10.税の控除・割引制度等

http://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=68......flid=98065

http://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=68......flid=98066

窓口は、税控除は税務署・各区役所税務課

また、市内を運行する路線バス料金・市電運賃割引はさくらカードを利用の場合を除く

 

11.熊本市こころの健康センター

http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=2079