◎鹿児島県福祉事業の概説(2017.06.12現在)Ver1.0

2017/06/23

*これ以外にもあるとおもいますが、各役所の方、匿名でいいので突っ込みをお願いいたします。

------------------------------

子育てしながら働きがんばるメンヘルサバイバーでシングルマザー・シングルファーザーのあなたへ。

a.子育て

https://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/kodomo/index.html

 

1.児童手当

児童手当」は,次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援する制度であり,15歳到達後最初の3月31日まで(中学校修了前)の児童を養育されている方が受給できる。

窓口は市町村役場

https://www.pref.kagoshima.jp/ab14/kenko-fukushi/kodomo/teate/kodomoteate3.html

https://www.pref.kagoshima.jp/library_documents/h2405jidouteategoannnai.pdf

 

2.児童扶養手当について

父母の離婚などで,父又は母と生計を同じくしていない子どもが育成される家庭(ひとり親家庭等)の生活の安定と自立の促進に寄与し,子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給される手当

窓口は市町村役場

https://www.pref.kagoshima.jp/ae08/kenko-fukushi/kodomo/teate/04008024.html

 

3.乳幼児医療費助成制度

子育て期にある家庭の乳幼児に係る医療費の経済的負担を軽減することにより,乳幼児の健康の保持増進を図ることを目的に,小学校就学前まで(6歳に達する日以降の最初の3月31日まで)の乳幼児の医療費について,保険診療に係る自己負担額が月額3,000円を超える場合に,その超える額について医療費を助成する制度

窓口は市町村役場の乳幼児医療費助成事業担当課

https://www.pref.kagoshima.jp/ae08/kenko-fukushi/kodomo/teate/04008008.html

 

4.ひとり親家庭医療費助成事業

母子・父子家庭等の方々の生活の安定と健康の保持増進を図るために,医療費の自己負担分を助成する制度

窓口は市町村役場のひとり親家庭医療費助成事業担当課

https://www.pref.kagoshima.jp/ae08/kenko-fukushi/kodomo/teate/e5030410.html

 

5.病児保育事業

子どもが病気または病気の回復期のため通常の集団保育ができず、保護者が就労している場合等に、病院・保育所等において病気の児童を一時的に保育を行う事業

窓口は市町村役場または病児保育実施施設

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/family/byojihoiku.html

 

6.子育て短期支援事業

保護者が病気,出産,看護など家庭養育上の事由や冠婚葬祭,出張など社会的な事由により一時的に家庭で児童を養育できない場合や,夫等の暴力等により,緊急一時的に保護を必要とする母子等を児童福祉施設などで短期間預かり,児童又は母子の養育・保護を行い,児童及びその家庭の福祉の向上を図る事業。 また,育児不安や育児疲れ,慢性疾患児の看病疲れなど身体的・精神的負担の軽減が必要な場合にも児童福祉施設などで短期間預かる。

窓口は市町村役場福祉担当窓口

https://www.pref.kagoshima.jp/ab14/kenko-fukushi/kodomo/kosodate/04008020.html

 

7.日常生活支援事業

母子家庭、父子家庭、寡婦で自立促進に必要な事由(技能習得のための通学、就職活動等)若しくは社会的事由(疾病、看護、事故、災害、冠婚葬祭、出張、学 校等の公的行事への参加等)により、一時的に生活援助、保育サービスが必要な家庭または生活環境等が激変し、日常生活を営むのに、特に大きな支障が生じて いる家庭に支援員を派遣

窓口は市町村母子会(母子会のない市町村にあっては当該市町村長)

http://www.kaboren.jp/?pg=page&id=454&pageid=1147

 

8.母子生活支援施設

配偶者のない女子又はこれに準ずる事情にある女子であって,生活上の様々な精神的又は経済的な問題により,その者の監護すべき18歳未満児童の養育が十分にできない場合に入所することのできる施設

窓口は市福祉事務所または管轄している県の各地域振興局地域保健福祉課,支庁地域保健福祉課及び支庁事務所

https://www.pref.kagoshima.jp/ae08/kenko-fukushi/kodomo/shisetu/040080......27051.html

 

9.県営住宅の所得基準の緩和と家賃減免

県営住宅は、障害者世帯は裁量階層となり所得基準が緩和される。また、母子(父子)世帯や障害者世帯は、家賃の減免がある場合がある。

https://www.pref.kagoshima.jp/ah14/kurashi-kankyo/sumai/kariru/kenei/zuiji2.html

http://kjc.or.jp/archives/65

 

10.ファミリー・サポート・センター

地域において,「育児」の援助を受けたい人と,行いたい人が会員となり,会員同士で支え合う組織。

https://www.pref.kagoshima.jp/af04/sangyo-rodo/rodo/fukushi/05005002.html

https://www.pref.kagoshima.jp/af04/sangyo-rodo/rodo/fukushi/documents/......1450-1.pdf

 

11.かごしま子育て支援パスポート事業

県では,市町村と共同で,地域全体で子育て家庭を支援する気運の醸成や子育て家庭の負担感の軽減等を目的として「かごしま子育て支援パスポート事業」に取り組んでいる。かごしま子育て支援パスポート事業を実施していない市町村にお住まいの子育て家庭の方,及び里帰り・出産等で県内に一時的に帰省している子育て家庭の方で,パスポートの交付を希望される場合は,県が窓口となってパスポートを交付する。

窓口は実施市町村の窓口、未実施市町村では県庁青少年男女共同参画課少子化対策係

https://www.pref.kagoshima.jp/ab14/kenko-fukushi/kodomo/shoshika/kosod......sport.html

 

12.社会福祉法人鹿児島県母子寡婦福祉連合会

http://kaboren.jp/

 

13.鹿児島県女性相談センター

https://www.pref.kagoshima.jp/ae08/kenko-fukushi/kodomo/kosodate/04008......27070.html

 

b.精神

 

 

https://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/syogai-syakai/index.html

 

 

1.障害基礎年金

病気やけがで障がい者になったときに一定の条件を満たす人が請求により受けることができる年金

https://www.pref.kagoshima.jp/ae07/kenko-fukushi/syogai-syakai/syogaif......enkin.html

 

2.精神障害者保健福祉手帳

https://www.pref.kagoshima.jp/ae07/kenko-fukushi/syogai-syakai/seishin......07024.html

窓口は市町村役場または県精神保健福祉センター

精神障害者保健福祉手帳は,精神疾患を有する人で,精神障害のため長期にわたり日常生活への制約がある人に対し,本人からの申請に基づいて交付される。

 

3.自立支援医療(精神通院)の給付(制度の概要)

https://www.pref.kagoshima.jp/ae07/kenko-fukushi/syogai-syakai/ziritus......iryou.html

窓口は市町村役場

適正な精神医療を普及し早期治療を図るため,県が指定した医療機関に通院して精神医療を受ける場合に,対象医療費の1割を自己負担とする医療費公費負担制度がある。

 

4.県営住宅の所得基準の緩和と家賃減免

県営住宅は、障害者世帯は裁量階層となり所得基準が緩和される。また、母子(父子)世帯や障害者世帯は、家賃の減免がある場合がある。

https://www.pref.kagoshima.jp/ah14/kurashi-kankyo/sumai/kariru/kenei/zuiji2.html

http://kjc.or.jp/archives/65

 

5.精神障害者保健福祉手帳に基づく福祉サービス

https://www.pref.kagoshima.jp/ae07/seishin/documents/53219_20160727140845-1.pdf

 

6.路線バス運賃の割引

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は,路線バス運賃の割引を受けることができる。割引の内容については,各会社によって異なるので,詳細は各会社の乗車券販売窓口まで。

 

7.タクシー運賃の割引

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方がタクシーを利用される場合には,原則として10%割引きになる。精神障害者保健福祉手帳を提示すること。詳細は,各タクシー会社におたずねを。

8.鹿児島空港駐車場の割引

駐車場を利用した場合には料金が割引き(50%)手帳をお持ちの方で,当該駐車場をご利用の方は,ターミナルビル内総合案内所にて手帳を提示すること。

 

9.鹿児島県精神保健福祉センター

http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/seifuku/goannai.html

https://www.pref.kagoshima.jp/ae14/documents/26855_20120828115806-1.pdf