◎青森県福祉事業の概説(2017.06.12現在)Ver1.0

2017/06/24

◎青森県福祉事業の概説(2017.06.12現在)Ver1.0

*これ以外にもあるとおもいますが、各役所の方、匿名でいいので突っ込みをお願いいたします。

------------------------------

子育てしながら働きがんばるメンヘルサバイバーでシングルマザー・シングルファーザーのあなたへ。

a.子育て

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/family/index_living.html

のびのびすくすくホームページ

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/family/nobinobitop.html

ひとり親家庭(母子家庭、父子家庭等)の方のために

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/family/f-hitorioya1.html

ひとり親家庭サポートガイドブック2016について

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/family/supportguidebook.html

 

 

1.児童手当

児童手当は中学校卒業まで(15歳に達した後最初の3月31日まで)の児童を養育している方に支給される。

窓口は市町村役場

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/family/jidouteate2012.html

 

2.児童扶養手当について

児童扶養手当は、父母の離婚などで、父又は母と生計を同じくしていない子どもが育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給される手当

窓口は市町村役場

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/family/jifute.html

 

4.ひとり親家庭等医療費助成事業

ひとり親家庭等の子どもが満18歳に達した年度末まで、その子どもと父または母の医療費を軽減

市町村ごとに事業内容が異なる場合があるので、詳しくはお住まいの市町村へ問い合わせを

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/family/f-hitorioya1.html

 

5.青森県国公立高校生等奨学のための給付金

全ての意志ある高校生等が安心して教育を受けられるよう、授業料以外の教育費負担を軽減するため、市町村民税所得割非課税世帯で国公立高校生等がいる世帯の保護者等に対し、教科書費や教材費などの授業料以外の教育に必要な経費について給付金を給付する制度

窓口は各高等学校または青森県教育庁学校施設課

http://www.pref.aomori.lg.jp/bunka/education/shougakukyuufukin.html

 

6.青森県私立高校生等奨学のための給付金

青森県では、高等学校等に在学する高校生等の保護者等の授業料以外の教育に必要な経費の負担軽減を図り、もって全ての意志ある高校生等が安心して教育を受けられるようにするため、高等学校等に入学した高校生等の保護者等のうち、低所得世帯に属する保護者等に対して「奨学のための給付金」を給付する。

窓口は青森県教育庁総務学事課

http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/soumu/gakuji/gakuji-shinko.html

 

7.JR通勤定期の割引

児童扶養手当受給者の世帯について、JR通勤定期乗車券が3割引になる資格証明書・購入証明書を発行

窓口は市町村役場

http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/kodomo/files/supportguidebook2016.pdf

 

8.青い森鉄道の生活保護世帯・児童扶養手当受給世帯の割引通勤定期券

生活保護世帯・児童扶養手当受給世帯の方は、市町村長等が発行する「特定者用定期乗車券購入証明書」(JRと同じもの)を駅窓口に提出して通勤定期券を購入すると、通勤定期運賃の3割引となる(10円未満切り上げ)。なお、当社線内のみの発売となり、他社線との連絡定期券は発売できない。

窓口は駅窓口

http://aoimorirailway.com/unchin-kippu/waribiki

 

9.病児保育事業

子どもが病気または病気の回復期のため通常の集団保育ができず、保護者が就労している場合等に、病院・保育所等において病気の児童を一時的に保育を行う事業

窓口は市町村役場または病児保育実施施設

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/family/byojihoiku.html

 

10.ひとり親家庭リフレッシュ支援事業

県内に居住するひとり親家庭の児童及びその親が、レクリエーションや休養のため、県が指定する県内の公的宿泊施設を利用した場合、その宿泊費用の一部を助成

窓口はこどもみらい課

http://www.pref.aomori.lg.jp/welfare/faq/contents4-2-7.html

 

11.ひとり親家庭等日常生活支援事業

ひとり親家庭等において、病気や就職活動などのため、一時的に生活援助、保育サービスが必要な場合などに、支援員を派遣

支援員の派遣には、市町村での手続きが必要なので、詳しくは、お住まいの市町村へ問い合わせを

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/family/f-hitorioya1.html

 

12.母子生活支援施設

母子世帯の母子を保護する施設

http://www.pref.aomori.lg.jp/life/danjo/kankeisisetu.html

 

13.県営住宅の所得基準の緩和と抽選優遇措置

県営住宅は、抽選番号について、母子(父子)世帯や障害者世帯は倍率が一般申込者の2倍になるように設定される、重複付与無し、障害者世帯は裁量階層となり所得基準が緩和される。 http://www.pref.aomori.lg.jp/life/sumai/kenneizyuutaku.html

 

14.あおもり子育て応援パスポート

あおもり子育て応援パスポート事業とは地域・社会全体で子育てを支援し、子育てに優しい地域・社会づくりを目指して、18歳未満のお子さんがいる「子育て家庭」や妊婦さんをあおもり子育て応援わくわく店などの協賛店が応援する事業

窓口は青森県子ども家庭支援センター

http://www.apio.pref.aomori.jp/newwakuwaku/index_p.html

 

15.母子・父子自立支援員

母子家庭・寡婦及び父子家庭等の方々の精神的安定を図り、その自立に必要な情報提供や相談指導等の支援を関係機関と連携しながら行うとともに、職業能力の向上及び求職活動に関する支援を行う。 また、子育てや母子・父子等関係に関する問題、児童扶養手当の受給や母子・寡婦福祉資金の貸付及びひとり親医療費、養育費の確保などの経済上の問題などに関する相談にも応じている。

窓口は各地方福祉事務所

https://aomori-kenboren.jimdo.com/%E7%A6%8F%E7%A5%89%E5%88%B6%E5%BA%A6......%E5%93%A1/

 

16.公益財団法人 青森県母子寡婦福祉連合会

https://aomori-kenboren.jimdo.com/

 

17.青森県子ども家庭支援センター

http://www.apio.pref.aomori.jp/kodomo2011/index.html

 

 

b.精神

 

 

http://www.pref.aomori.lg.jp/welfare/syofuku/index_living.html

 

 

1.東日本大震災(平成23年3月11日発生)により被災された皆様へ

「こころの電話」では今回の震災に伴う精神的な悩みや問題に関する相談もお受けするので、ご利用を。

http://www.pref.aomori.lg.jp/welfare/welfare/kokoronodenwa.html

 

2.災害時リーフレット

青森県立精神保健福祉センターでは、災害時の初期対応における心理教育で使用するためのリーフレットを作成した。

http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/seifuku/saigaiji-leaflets.html

 

3.障害基礎年金

病気やけがで障がい者になったときに一定の条件を満たす人が請求により受けることができる年金

 

4.精神障害者保健福祉手帳

http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/seifuku/seishinshougaishaho......echou.html

窓口は市町村役場

精神疾患を有する方のうち、精神障害のため長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある方を対象としている。

 

5.自立支援医療(精神通院医療)

http://www.pref.aomori.lg.jp/welfare/health/jiritushien.html

窓口は市町村役場

在宅精神障がいの方がこの制度を利用されると、精神疾患のための通院医療費の自己負担が、医療費の1割になる。

 

6.県営住宅の所得基準の緩和と抽選優遇措置

県営住宅は、抽選番号について、母子(父子)世帯や障害者世帯は倍率が一般申込者の2倍になるように設定される、重複付与無し、障害者世帯は裁量階層となり所得基準が緩和される。 http://www.pref.aomori.lg.jp/life/sumai/kenneizyuutaku.html

 

7.青い森鉄道割引乗車券

http://aoimorirailway.com/unchin-kippu/waribiki

窓口は駅窓口

各種手帳を提示すると、普通運賃の5割引きで乗車。

回数券、定期券の割引については、お持ちの手帳の内容により割引とならない場合もあるので、詳しくは駅窓口等に問い合わせを。

 

8.青森県立精神保健福祉センターのごあんない

http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/seifuku/goannai.html