◎宮崎県福祉事業の概説(2017.06.14現在)Ver1.0

2017/06/30

*これ以外にもあるとおもいますが、各役所の方、匿名でいいので突っ込みをお願いいたします。

------------------------------

子育てしながら働きがんばるメンヘルサバイバーでシングルマザー・シングルファーザーのあなたへ。

 

a.子育て

 

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenko/kodomo/index.html
みやざき子育て支援ポータルサイト「すくすくみやざき」
http://kodomoseisaku.pref.miyazaki.lg.jp/child/
ひとり親家庭
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenko/kodomo/hitorioya/index.html

 

1.児童手当
児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを社会全体で応援する制度
窓口は市町村役場
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-seisaku/kenko/kodomo/page00108.html
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-seisaku/kenko/kodomo/documents/6......2301-1.pdf

2.児童扶養手当について
父又は母と生計を同じくしていない児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者。障がい児は20歳未満。)を監護・養育している人に手当てを支給し、児童の福祉の増進を図るもの
窓口は市町村役場
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-katei/kenko/kodomo/jifu.html

3.乳幼児医療費助成事業
乳幼児の保護者の経済的負担を軽減するとともに、乳幼児の福祉の向上を図るため、医療費の自己負担額の一部を助成する事業
窓口は市町村の母子福祉担当課
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-seisaku/kenko/kodomo/nyuuyouji_josei.html

4.ひとり親家庭医療費助成制度
ひとり親家庭に対して医療費の一部負担金の一部を助成することによって、必要とする医療の受診を容易にし、ひとり親家庭の経済的負担の軽減と、母又は父と子の健康を維持
窓口は市町村のひとり親家庭福祉担当課
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-katei/kenko/kodomo/iryouhi.html

5.保育所の特別保育について
保護者の就労形態の多様化に伴い、様々な保育ニーズに対応するため、国、県、市町村では次のような特別保育を推進
延長保育、休日保育、特定保育、病児・病後児保育、一時預かり、夜間保育、乳児保育
窓口は福祉保健部こども政策局こども政策課、各保育所
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-seisaku/kenko/kodomo/tokubetu.html

6.子育て短期支援事業(ショートステイ、トワイライトステイ)について
この事業は、保護者の疾病その他の理由により家庭において児童を養育することが一時的に困難となった場合及び経済的な理由により緊急一時的に母子を保護することが必要な場合等に、児童養護施設その他の保護を適切に行うことができる施設において一定期間、養育・保護を行うことにより、これらの児童及びその家庭の福祉の向上を図ることを目的
短期入所生活援助(ショートステイ)事業
保護者が疾病、疲労その他の身体上若しくは精神上又は環境上の理由により家庭において児童を養育することが一時的に困難になった場合や経済的な理由により緊急一時的に母子を保護することが必要な場合等に実施施設において養育・保護を行う。
夜間養護等(トワイライトステイ)事業
保護者が、仕事その他の理由により平日の夜間又は休日に不在となり家庭において児童を養育することが困難となった場合その他の緊急の場合において、その児童を実施施設において保護し、生活指導、食事の提供等を行う。
窓口は市町村役場
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-katei/kenko/kodomo/page00113.html

7.ひとり親家庭等日常生活支援事業
母子家庭、父子家庭及び寡婦の方が、修学等や病気などの事由により、一時的に生活援助・保育サービスが必要な場合又は生活環境等の激変により日常生活を営むのに支障が生じている場合に、家庭生活支援員の派遣等を行う。
(注意:制度を設けていない市町村に居住されている場合は、支援の対象となりません。)
窓口は市町村役場のひとり親家庭福祉担当課
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-katei/kenko/kodomo/20161213101854.html

8.母子・父子自立支援員
県内の各市・郡部福祉事務所に母子・父子自立支援員が配置されており、ひとり親家庭や寡婦の方の就職に関する問題、経済上の問題、子どもの養育問題など生活全般にわたる相談に応じている。
窓口は各福祉こどもセンター、児湯福祉事務所、西臼杵支庁福祉課、各市
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kense/koho/kense-faq/qa_page/03-q02.html

9.母子生活支援施設
経済的、精神的に不安定なため子どもの健やかな成長に支障がある場合、母子家庭の母と子を入所させて保護し、子どもの生活を安定させ、母子家庭の自立援助を行なう施設
県内に1施設(延岡市)ある。
窓口は各福祉こどもセンター、児湯福祉事務所、西臼杵支庁福祉課、各市
https://www.pref.miyazaki.lg.jp/kense/koho/kense-faq/qa_page/03-q08.html

10.県営住宅の収入基準の緩和と抽選倍率優遇
県営住宅は、同居者に小学校入学前の子がいる世帯や障害者世帯は抽選倍率優遇が受けられる。また、同居者に小学校入学前の子がいる世帯や障害者世帯は収入基準が緩和される。
窓口は県土整備部建築住宅課公営住宅担当
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenchikujutaku/shakaikiban/sumai/jyutaku2.html
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenchikujutaku/shakaikiban/sumai/koueij......50447.html

11.ファミリー・サポート・センターのご案内
急な残業や子どもの病気などに対応するため、“育児の援助を受けたい人”と“育児の援助を行いたい人”が会員登録し、地域において相互に助け合う有償ボランティア組織
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-seisaku/kenko/kodomo/famisapo.html

12.みやざき子育てサポートセンター
ファミリー・サポート・センター未設置の市町村を中心に、子どもを緊急に預ける必要が生じた子育て家庭からの要請に応じて、子どもの自宅等において預かり保育を実施。病児預かりもしている。
窓口はみやざき子ども文化センター
http://kodomoseisaku.pref.miyazaki.lg.jp/child/azukeru/support.html

13.子育て応援カードをご利用ください
宮崎県内にお住まいで、小学生以下のお子さんと妊娠中の方のいるご家庭に交付するカード。協賛店でこのカードを提示すると、割引など、各協賛店が独自に設定しているさまざまなサービスが受けられる。
窓口は市町村窓口
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-seisaku/kenko/kodomo/page00030.html
http://www.kosodateouen.net/

14.特別相談事業
母子家庭等が日常生活上抱えている諸問題について、母子家庭等の自立促進と生活の安定に資することを目的として、弁護士による法律相談を行う。
窓口は一般社団法人岩手県母子寡婦福祉連合会
http://www.pref.iwate.jp/fukushi/jidou/001896.html

15.女性専門相談センター「スマイル」
思春期から高年期に至る女性の心や身体の健康に関する相談を行なっています。誰にも聞けずに一人で悩んでいる方、病院に行くほどではないけどちょっと心配なことなど、気軽にご相談を。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenkozoshin/kenko/hoken/

16.子育て世代包括支援センター
子育て家庭がニーズに合わせて、幼稚園・保育所などの施設や、地域の子育て支援事業などから必要な支援を選択して利用できるように、専任職員が情報の提供や相談・援助などをしていきます。 様々な支援を提供していますが、利用方法等が分からないなど、子ども・子育てに関す る総合窓口として、誰もが利用できる。保健所等に設置される利用者支援事業(母子保健型)を、子育て世代包括支援センターと呼ぶ。
http://kodomoseisaku.pref.miyazaki.lg.jp/child/nimpu/riyoushien.html

17.一般財団法人宮崎県母子寡婦福祉連合会
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~kenboren/

 

b.精神

 

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenko/shogaisha/index.html
こころのハンドブック
http://www.seihocenter-miyazaki.com/jushin.html

 

1.「障がい者・高齢者のための防災マニュアル」について
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/shogaifukushi/kenko/shogaisha/page00186.html
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/shogaifukushi/kenko/shogaisha/documents......179655.pdf

県では、東日本大震災を踏まえ、災害に備えた事前の準備と、実際に災害が起こった場合に障がい者本人とその支援者がとるべき行動についてまとめた「障がい者・高齢者のための防災マニュアル」を作成

 

2.障害基礎年金
病気やけがで障がい者になったときに一定の条件を満たす人が請求により受けることができる年金

3.精神障害者保健福祉手帳
http://www.seihocenter-miyazaki.com/fukushitecho.html
窓口は市町村担当窓口
一定の精神障がいの状態にあることを証する手段となり、手帳の交付を受けた方に対して、各方面の協力により各種支援策が講じられることを促進し、精神障がい者の社会復帰、社会参加の促進を図ることを目的

4.自立支援医療(精神)
http://www.seihocenter-miyazaki.com/jiritsu-sien.html
窓口は市町村担当窓口
精神疾患の治療については、定期的・継続的に行われる必要がある場合が多く、また、その治療期間は比較的長期にわたる。自立支援医療費(精神通院)制度は、通院医療費の一部を公費で支給し、負担を軽減する制度

5.県営住宅の収入基準の緩和と抽選倍率優遇
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenchikujutaku/shakaikiban/sumai/jyutaku2.html
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenchikujutaku/shakaikiban/sumai/koueij......50447.html
窓口は県土整備部建築住宅課公営住宅担当
県営住宅は、同居者に小学校入学前の子がいる世帯や障害者世帯は抽選倍率優遇が受けられる。また、同居者に小学校入学前の子がいる世帯や障害者世帯は収入基準が緩和される。

6.生活保護
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/fukushihoken/kenko/shakaifukushi/index-02.html
窓口は市町村役場(もしくは福祉事務所)
私たちは、生活しているうちに、高齢や病気などで収入が少なくなり、手持ちの預貯金や資産などを処分するなどやりくりをしても、どうしても生活ができなくなることがある。生活保護は、このようなときに、最低限度の生活を保障するとともに、自立した生活を送れるように援助することを目的とした制度

7.「精神障害者保健福祉手帳」の交付を受けられた方への支援
http://www.seihocenter-miyazaki.com/_userdata/fukushitecho-yugu.pdf
税制上の優遇措置や生活保護を受給している方の障害者加算など県の支援
http://www.seihocenter-miyazaki.com/_userdata/h28_pdf/shien-shicyoson.pdf
精神障害者保健福祉手帳所持者への市町村の支援

8.宮崎交通バス運賃の割引
http://www.miyakoh.co.jp/customer/bus/faq/rosen/unchin/index.html#2537
普通旅客運賃は5割引(大人・小児)になります。(10円単位の端数は切上げ)、定期旅客運賃3割引(大人)になります。※小児は、通常の小児定期運賃。
精神障害者保健福祉手帳を提示すること。詳細は宮崎交通におたずねを。

9.宮崎県精神保健福祉センター
http://www.seihocenter-miyazaki.com/