◎佐賀県福祉事業の概説(2017.06.27現在)Ver1.0

2017/07/04

*これ以外にもあるとおもいますが、各役所の方、匿名でいいので突っ込みをお願いいたします。

------------------------------

子育てしながら働きがんばるメンヘルサバイバーでシングルマザー・シングルファーザーのあなたへ。

a.子育て

http://www.pref.saga.lg.jp/list00506.html

子育てし大県“さが”

https://saga-kosodate.jp/

ひとり親支援

https://saga-kosodate.jp/kosodate/shiraberus/detail/26

佐賀県ひとり親家庭のしおり

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji003592/index.html

 

熊本地震被災者支援

佐賀県では「平成28年熊本地震」で被災された方々に、県営住宅の提供、福祉施設への受け入れ、学校の転入学等のご相談に応じている。佐賀県は、九州・山口9県被災地支援対策本部からの要請に基づき、熊本県西原村の支援を重点的に行っている。

http://www.pref.saga.lg.jp/list02396.html

 

1.児童手当について

家庭等における生活の安定や次代の社会を担う児童の健やかな成長を応援するための制度

 

2.児童扶養手当制度

父母の離婚などにより父又は母と生計をともにしていない児童を養育している方に対し、生活の安定と自立を助け、児童の心身の健やかな成長のために支給される手当

窓口は市役所、町役場

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji003654/index.html

 

3.JR通勤定期の割引

児童扶養手当を受けている世帯に属する方が通勤にJRを利用している場合は、通勤定期乗車券を3割引で購入できる。ただし他の割引(学割など)との併用はできない。

窓口は市役所、町役場

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji003592/3_592_11567_up_1xbuepps.pdf

 

4.子どもの医療費助成事業

県と市町では、子どもたちが安心して、必要な医療を受けることができるよう、協力しながら子どもの医療費の助成を行っている。

窓口は市町担当窓口

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00333262/index.html

 

5.ひとり親家庭医療費助成

母子(父子)家庭の母(父)及びその子、父母のいない児童が病院などの医療機関にかかったときの医療費のうち、自己負担分の一部を県と市町で負担

窓口は市町担当窓口

https://saga-kosodate.jp/kosodate/shiraberus/detail/26

 

6.税の軽減

寡婦(夫)の方で一定の要件に該当する場合は、寡婦(夫)控除を受けることができる。寡婦(夫)控除よは、所得税や住民税を計算する際に、課税される所得から差し引かれる所得控除の一つ。

窓口は市町、税務署

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji003592/3_592_11567_up_1xbuepps.pdf

 

7.ひとり親家庭子育て生活支援事業

一時的に家事・育児が困難になったとき、家庭生活支援員を派遣する。ひとり親家庭・寡婦の方で一時的に保育や家事・介護を必要とされる家庭に、家庭生活支援員を派遣し、身の回りのお世話や保育を行う。また、家庭生活支援員の自宅や講習会会場などで、子どもさんを預かるサービスをする。

窓口は佐賀県ひとり親家庭サポートセンター

https://www.sagaboren.com/%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E8%A6%AA%E5%AE%B......%E3%83%BC/

 

8.ひとり親家庭の学習支援ボランティア事業

ひとり親家庭の子どもたちの学習を支援したり、気軽に進学相談等を受けることができる大学生や地域の方々のボランティア事業

窓口は佐賀県母子寡婦福祉連合会

https://www.sagaboren.com/%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%83%9......%E9%9B%86/

 

9.子育て応援の店事業

「子育て応援の店事業」は、未来の佐賀を担うこどもたちが元気にすくすく育つよう、社会全体で子育て家庭を応援しようと、佐賀県が九州各県と連携し、2006年10月からスタートした子育て支援事業

窓口は佐賀県子ども未来課

https://kosodate.saga-s.co.jp/

 

10.保育所・認定こども園

お母さんやお父さんが仕事などのため、日中家庭で子どもの保育をすることができない場合に利用できる。ひとり親家庭の子どもが入所する場合、優先的に入所できる場合がある。

窓口は市町村の児童福祉担当課

 

11.病児・病後児保育とは

お子さんが病気のために保育所にあずけられない…とか、病気の回復期でもう少し安静にさせていたいけど仕事が休めない…ということがありませんか。

そんな時は、病院や保育所などにおいて一時的に保育を行う。

窓口は各市町担当窓口

https://saga-kosodate.jp/kosodate/shiraberus/detail/13

 

12.一時預かり事業・一時保育事業

日頃は家庭で保育していても、パート勤務、病気の介護、冠婚葬祭、育児の心理的・肉体的負担の解消のため、一時的に保育所等を利用することができる。

窓口は各市町担当窓口

https://saga-kosodate.jp/kosodate/shiraberus/detail/16

 

13.【私立】高等学校等就学支援金制度(新制度)

家庭の状況にかかわらず、全ての意志ある高校生等が安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、国の費用で、授業料に充てる高等学校等就学支援金(返済不要)を支給し、家庭の教育費負担を軽減する制度

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00347422/index.html

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00347422/3_47422_2602_up_k0w8zk4x.pdf

 

14.高等学校等就学支援金制度(公立)のご案内

家庭の状況にかかわらず、全ての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、生徒に対し、国の費用で授業料に充てる高等学校等就学支援金(返済不要)を支給し、家庭の教育費負担を軽減する制度

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00332458/index.html

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00332458/3_32458_46323_up_hs4zyhnr.pdf

 

15.佐賀県高校生等奨学給付金のご案内

授業料以外の教育費(教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、修学旅行費等)の負担を軽減するため、高校生等(特別支援学校高等部の生徒を除く)がいる低所得世帯を対象に、返還の必要のない奨学給付金を支給

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00332377/index.html

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00332377/3_32377_10259_up_d8m0h72n.pdf

 

16公営住宅の抽選優遇措置や収入基準の緩和、特定目的住宅の募集

県営住宅の入居予備者募集の際、ひとり親世帯の方は抽選番号を2個得ることができる。また、県営住宅の入居資格審査のとき、収入金額によって寡婦としての特別控除がある。お住まいの市町営住宅によっては、母子家庭向住宅を整備しているところもある。

https://saga-kosodate.jp/kosodate/shiraberus/detail/26

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00314347/index.html

 

17.子育て応援の店

子育て中の家庭を、社会全体で応援しようという取組のひとつで、各店舗に優しいサービスやお得な特典をご用意いただき、子育て中の会員がその特典を受けることができるもの

https://saga-kosodate.jp/kosodate/dekakerus/detail/11

https://kosodate.saga-s.co.jp/

 

18.子育てタクシーが運行開始します。(平成29年7月21日から)

「子育てタクシー」は、(社)全国子育てタクシー協会が主催する子育てタクシー養成課程を修了したドライバーが専任で乗務し、保育所や学校、塾などに子どもを送り迎えできない保護者に代わって送迎を行ったり、荷物が多くなりがちな乳幼児を連れた外出時のサーポート、急なお子様の発熱による夜間受付病院への送迎など、いざという時に安心してご利用できる子育て世代にやさしいタクシーのこと

※各事業者での利用登録は、平成29年7月1日(土曜日)から受付を始める。

窓口は各タクシー会社

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00355319/index.html

 

19.ファミリーサポートセンター

育児等の援助を受けたい人(依頼会員)に対して、行いたい人(提供会員)が子どもの預

かり、送迎等を行っている。

窓口は各ファミリー・サポート・センター

https://saga-kosodate.jp/kosodate/shiraberus/detail/19

 

20.母子生活支援施設

18歳未満の子どもを養育している母子家庭の母及びその子どもを保護し、自立支援のための生活支援、また退所者への相談その他の援助を行う施設

窓口は県保健福祉事務所、市福祉事務所

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji003559/index.html

 

21.母子自立支援員

母子(父子)家庭や寡婦の方がかかえている、いろいろな悩みごとの相談相手になり、問題解決のお手伝いをしている。また、電話による相談や必要に応じて家庭訪問も行う。

窓口は県保健福祉事務所または市福祉事務所

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji003616/index.html#04

 

22.無料法律相談

家庭紛争、遺産相続、養育費などの法律相談について、弁護士による法律相談を行っている。相談は無料。※事前に予約を。

無料心理相談

生活上の諸問題について、専門家による心理相談を行っている。相談は無料。※事前に予約を。

生活相談

経済的・社会的・精神的な悩みの相談を受け付けている。来所の際は、できるだけ予約を。

https://www.sagaboren.com/%E7%9B%B8%E8%AB%87%E7%AA%93%E5%8F%A3/

 

23.各市町の子育て担当窓口一覧

https://saga-kosodate.jp/kosodate/madoguchi/

 

24.佐賀県ひとり親家庭サポートセンター

ひとり親家庭や寡婦の方の各種の相談に応じるとともに、生活指導や就業相談など福祉のためのサービスを総合的に行う県の施設

https://www.sagaboren.com/%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E8%A6%AA%E5%AE%B......%E3%83%BC/

 

25.一般財団法人佐賀県母子寡婦福祉連合会

https://www.sagaboren.com/

 

 

b.精神

 

 

http://www.pref.saga.lg.jp/list00577.html

平成28年度版 障害者ハンドブック

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0032669/index.html

精神保健福祉支援ガイドブック

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00334681/index.html

 

市町では「避難行動要支援者名簿」を作成しています

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0033094/index.html

避難行動要支援者名簿とは、災害が発生した際に、自力で避難することが困難な障害のある方などの『避難行動要支援者』に対して、避難などの手助けや安否確認、避難所での配慮が、地域の中で素早く、安全に行われるようにするための名簿。災害対策基本法の改正により全市町が「避難行動要支援者名簿」を作成することになった。

 

1.障害基礎年金

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0032848/index.html

窓口は市町(年金担当課)

病気やけがで障がい者になったときに一定の条件を満たす人が請求により受けることができる年金

 

2.精神障害者保健福祉手帳とは

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00334765/index.html#techou

窓口は市町自立支援担当課

精神障害がある方に対して、相談や各種の福祉サービス等を受けやすくする手帳です。交付を受けることによって、福祉サービスが利用しやすくなったり、精神障害者手帳所持者を対象とした制度が利用できる。

 

3.自立支援医療制度(精神通院医療)とは

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00334765/index.html#jiritsushien

窓口は市町自立支援担当課

精神疾患や障害のために日常生活や就労に支障があると認められ通院による精神医療を継続的に要する程度の病状の方が対象となる。自立支援医療受給者証(精神通院)と自己負担上限額管理票を提示すれば、指定医療機関(薬局等)において、認定された通院医療費にかかる医療費の自己負担額が10%となる。

 

4.税の障害者控除

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0033080/index.html

窓口は、所得税が税務署、住民税が市町

 

5.松浦鉄道運賃・甘木鉄道運賃の割引について

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0033070/index.html

窓口は各駅の窓口

普通乗車券・回数券・定期券が5割引。精神保健福祉手帳の呈示が必要。

 

6.九州郵船運賃の割引について

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0033070/index.html

窓口は九州郵船乗船券販売所

一等・二等指定・二等(自由)旅客運賃,ジェットフォイル運賃が5割引、各手帳の提示と乗船運賃割引申込書(乗船券販売所備え)の提出が必要。

 

7.バス運賃の割引について

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0033070/index.html

窓口は各バス事業者

普通運賃は5割引、定期券は3~5割引。自販機で切符を購入する場合は5割引の切符を購入し、降車時に手帳を呈示。その他、各自治体で運行されている巡回バス、乗合タクシー等の運賃や割引内容については、当該自治体又は各運行会社にお問い合わせを。

 

8.タクシー運賃の割引

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0033070/index.html

各タクシー事業者または佐賀県バス・タクシー協会

メーター器表示額の10%を割引。降車時に手帳の呈示が必要。

 

9.福祉タクシー券の給付

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0033070/index.html

窓口は市町(福祉担当課)

重度の精神障害者等を対象に、初乗り料金相当額のタクシー券を交付するなど、タクシー料金の一部が助成される場合がある。制度の有無、対象者、助成方法などについてはお住まいの市町にお問い合わせを。

 

10.佐賀県営住宅優先入居

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0033039/index.html

入居者又は同居者に障害のある方がいらっしゃる場合、県営住宅の入居予備者募集の抽選に際して、抽選番号が3つ(一般の方は1つ)与えられる。なお、県営住宅の入居予備者募集とは、空き家が生じた際に入居する方をあらかじめ予備者として募集する制度。また、県営住宅では、裁量世帯として収入基準の緩和がある。

 

12.こころの相談

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00334658/index.html

 

13.佐賀県精神保健福祉センター

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00334644/index.html