バカな方が良い

「将来はユーチューバーになりたい」
とかいうガキが増えてるとか何とか。芸能人になりたいってのと変わらないと思うが、違いは稼ぎか。

ただ、「長年にわたって面白いものを提供し、人気を保つ」というのがどんだけ大変なことか、やってみりゃわかる。

俺なんかは即座に「無理だ。一過性のブームに乗れるかもしれないが、将来にわたって飯が食える保証は全くない」と判断してしまうのだが、まあそこらは何も考えてないバカの方が「巨大に一発あてる」という技で乗り切るものなのかもしれない。

ユーチューバーのたけし、タモリ、さんまみたいのがでてきて人気が不動となり、歩いて喋ってるだけで金になる奴もいるだろうが、そんなのはプロ野球で最初から引退まで活躍できるやつと同じ確率だろう。
ただ、誰でもできる手軽さという意味では、へんちくりんな縛りがあるテレビや芸能よりやりやすくていいかもしれない。

…よく考えたら、山木と昔似たようなことをやってたような気もする。。。クオリティ低いけど。。。

どの時代でも「人を笑わせる、楽しませる」ってのはゼニになるってことですな。