みんな、言うんだよね

トランプが当選すると思っていた人も、そうじゃない人もみな一概に

「あそこまでバカだと思ってなかった」

というんだよね。そりゃぁそうだろう。何がしたいのか全くわからないんだよね。大統領だから、もちろん、その権限を使ってできることはやってもいい。ただ、それが実質的な経済縮小や敗北になることをわかってやっているのなら全然問題ない。でもどうやら、そうではないと判断するしかないところに来ている。

アメリカって国は、アホでもバカでもスペイン系でもアフリカ系でもアジア系でも、とりあえず受け入れて、安く使い倒して大きくなった国だ。その中で、特に頑張ったりチャンスがあったりしたものは、それが生粋のアメリカ人(メイフラワー号でイギリスから来たレベルの相当古い血を受け継いでるアメリカ人だとしても)だろうがなんだろうが、カネをつかめる。アメリカでの勝利はズバリカネだ。

ただ、アメリカ合衆国の大統領は「アメリカ合衆国で生を受けていないと就任できない」と決まっているし、一定の政府職員も、その地位のレベルなどにより様々な制限がある。そこは国の基本を維持するという所では大切なことだ。

アメリカには、黒人差別はいまでもあるだろう。ただ、これはあまり報じられていないが、アメリカには「黒人枠」というものが大学入学枠だけではなく、あちらこちら、どこかしこにも存在する。まるでTBSが一時期「朝鮮なりすまし枠」をもっていたのと同じように、だ。いわゆる逆差別という奴だが、それを大きな声でいうヤツはなぜか人種差別扱いされる。生粋のアメリカ人でも貧乏人はたくさんいる。もちろん働かない奴、ドラッグに溺れる奴ははなしにならない。そんな奴らが「黒人枠を撤廃せよ」と騒いだところで発言力がない。負け犬の遠吠えだからだ。

ただ、「黒人枠を撤廃しろ」と言っていても、一発あてちゃった奴は、そんなことを言わなくなるに違いない。1兆円でももってればまたいろいろ好きに発言する人もいるだろうが、一発あてた奴は「そんなことどうでも良くなる」からだ。忙しくもなるし、そんな他人のことよりも自分の会社や財産を守るほうに注力するだろう。

日本でも同じではないか。ホントの金持ちは、表に出てこない。でも、なかなか、綺麗に一発あてる奴というのは日本ではその制度のせいかなんなのかいろいろ議論されているが、他に比べれば少ないだろう。当てても表に出てベラベラしゃべったりしてないだけかもしれないいが。日本人の特性がそうさせるのだろう。

あと、日本では「強烈な超大金持ちと大多数のいつでも首切れる安月給の使用人」という絵面はなじまない。銀行の頭取(いまはなんちゃらフィナンシャルの社長会長かな)でも、6000万(昔の三菱銀行)がせいぜいだ。そのかわり、経費や車、役員住宅の補助など、見えないところでの実質収入があった。それでも、まぁみんな、景気もよかったし、なんとなくそんなことは言わないで働いていたのだ。

しかし時代は変わった。東京電力に入ってもボーナスでないとか(実は東電は高卒社員が一番多く、給料もかなり高いです。社内結婚なんてするともう年収2500万超えなんて当たり前でした)、そういう時代になった。サザエさんでおなじみだった東芝も青色吐息だ。

http://www.j-cia.com/archives/13557

そういえば記事はドンドン値上げしている。GSが言うのだから間違いなかろうが、まぁ、あいつらはアホな日本人よりもよほど毎日働いて、悪知恵を練り金を稼いでいる。

それはともかく、そんなヘッジファンドの連中でさえ、

「トランプがあそこまでバカだとは思わなかった。ポートフォリオが狂いまくった」

といっているのである。日本はとかく支持率をマスコミがやかましく言うが、アメリカの場合は何があろうと4年はいられる。弾劾というシステムはあるが、これを適用すれば、トランプがバカでしたと言うのと同じような混乱がまた発生する。だからそうそう簡単にできない。

 

アメリカは一枚岩だと思っている人がいるがとんでもない。日本だって違うでしょ。そんな、ひとつに向かって走って行けるのなんて昔の日本とドイツの物作りの会社の製造部門のキチガイみたいな職人集団くらいしかない。工業製品も日本とドイツだけがまともで丈夫。iPhoneなんか・・・ひどいもんだ。でも利益を得るのが企業の最大の命題であると明確に位置づけられているのがアメリカの会社なんだから、しょうがない。いい加減でも、社会に迷惑をかけても、会社が倒産するとか株が暴落するよりは全然いいのだ。だから、口先のごまかしをする。そして、「謝ったら終わりだ(訴訟起こされたら負ける)」と思っているので謝らない。ちょっと前のマクドナルドのカサノバとかいうオバハンがいい例だ。

・・・いつものことだが、俺の書いていることもひとつのテーマからはみ出していく。冒頭の「トランプがこんなにバカなわけがない」という話もそれをきっかけにして思ったことをドンドン書いているからそうなっていくだけだ。(開き直り)

話を変えよう。皆さんも生活に不安があるだろう。おれだってそうだ。やってもやっても報われないときはある。でもいつか光が見えると思うしかないのだ。いくらトランプがバカでも、安倍晋三が気に入らなくとも、生活に関係ない。そんなモノを見ているヒマがあるなら本読んで働け。それもインチキじゃなくて、まともな方法で稼げ。そして、がつっと稼いだら、ガツンと税金払って、あとはおとなしく隠居しろ。変な車買ってみるとか、飲み屋で無駄遣いするとか、そういうことをしてもなんにもならない。結局自分を満足させられるのは自分でしかない。カネなんていくらあっても、最後は、何をやっても満足しなくなるだけだ。あまりにも有り余っている奴が政治的発言をする場合があるが(特にアメリカ)、それもちょっといかれてきた爺さんとか、ポジショントークがほとんど。

まずその前に、「自分の”分際”をわきまえた上で、一生分、どうやって早く稼ぐか」を考えるべきだ。大金持ちになる夢がある人は持っていてかまわない。だけど、年取ってから深夜のスーパーで品出しするのイヤだろ。趣味でやってる金持ちがいるがまぁそれは単なる変わり者で0.01%もいない。ほとんどが「生きていくのに苦労」しているのだ。まずは生活のことを最優先に考えなければいけない。これが、皆さん意外とできてない。

日本国で、いわゆる中流階級が多くを占めた時代はとっくに終わってる。普通に大学にのほほんといってなんとかなる時代でもない。たとえ東大を卒業して一流銀行に入っても派閥の何かで閑職に追いやられて、プライド高いのでやめて起業するも「銀行の後ろ盾のないあんたなんか知りませんよ」と言われたりする。先はわからない。いい大学を出ていい会社に入れば「ハズレ」は少ないかもしれないが、それで、いいのだろうか。もちろんそれがいい人はそれを邁進して欲しい。それがその人のいい意味での”分際”なのだから。

そんな時代にどうすればいいか。もちろん、順調な人、いまでいいと思っている人は無理に変なことに手を出す必要はない。NISAもクソもない。やめておけ。

これを読んで「この先ヤバいな」と思って中年にさしかかった人は頭を切り替えるしかない。どう切り替えるかなんてその人次第だ。常識を捨てることがまず一番だと申し上げる。それ以上は各自の生まれ育ち人脈その他で変わるのでなんとも言えない。でも、金借りて飲食店をやるのだけはやめておけ。よほどすごい場所を安く借りたとか、ミシュランどころじゃない腕だとか、皇室のシェフでしたとか言う人以外、特にサラリーマンやめてやろうなんて思っている人はやめた方がいい。絶対に。導入は楽だが、あとがとにかくキツイ。もし食中毒を出したらそこでおしまいだ。

「俺たちどうなるんだろう」と思っている若い奴。騙されたと思ってロシア語覚えてみろ。できれば、英語、フランス語、スペイン語も。言葉が話せるのはまだまだカネになる。莫大なカネにはならなくても、飯に困らないし、まぁ、死ぬまでそんなキツイ仕事をしなくてすむだろう。これは俺が英語、フランス語(高校でやってた)、ドイツ語、スペイン語(俺の第2外国語)をやろうとしてそのたびに根性がなくて断念して、結局いま損しているからいうのだ。いくつかの言葉を覚えておけ。俺は、あなたが仮にいま20歳の場合、中国語は勧めない。後回しでいいと思う。いまは使えるが、20年後どうなっているかわからないからだ。もちろん、飯くらいは食えると思うが。

そして俺は、こんなへんぴな物書きでいつまでも食えるとは思っていない。情報はそれなりにできるが、金がかかるし、自分でやるには限度がある。金をかけない方法だと時間が妙にかかる。俺も残り時間が少ない方の人なので焦ってはいるが、とりあえずこの物書きをもう少ししっかり行うことと、できれば事業用ヘリコプター免許まで取得したい。落ちたときは死ぬときだし(笑)、仕事は結構ある。もちろん表でも裏でも使える。裏仕事はもうやらないが・・・

「トランプがバカだ。」

そんな話を聞いてトランプに考えを巡らせてもしょうがないのだ。世の中よりもまず自分が変わらなければいけない。

「日本人も海外にドンドン出て学ぶべきだ」と言う人もいる。否定はしないが、俺は好きではない。それに、やったことがないので助言もできない。せいぜいどこぞの有名大学のPh.D.をどう効率的に取れるか教えてあげることはできるが、それはそれ相応の金がかかる。博士をもっていないと世界で通用しないという事情もあるようだが、私ができるのは文系博士だし、それだけでずっと飯が食えるとは思わない。やはり言語もできなければダメなのだ。

俺は非常に後悔している。いままでどんだけチャンスを棒に振ってきたか。一時の怒りで話をつぶしてざまぁみやがれと言ったのはいいが、テメェが路頭に迷ったりもした。這い上がっても這い上がっても、いろいろ別の問題が起きる。人並み以上にいい思いもしたが、それ以上にとんでもないこともたくさん経験した。普通の人では耐えられないギリギリの線を生きてきて、くだらないことがきっかけで頭がおかしくなったこともある。ただそれもこれも、みなすべて耐えていままだ飯が食えるのは、一番はやはり私の一番近くにいる草や風や犬や鳥(こう表記するしかない)のみんな、そしてNHK(J-CIAの二階堂放送協会)出演メンバーのみんな、そして、何も見返りなく応援してくれるVIPのみなさん、そして、読者の皆さんだ。ありがたいことに人に支えられて私は生きてきた。何らかの社会貢献なんてたいそうなことを考えてもろくな事にならないので、自分で思うことをやってきたつもりだ。だがしかし。俺はまだ死なない(たぶん)。そう簡単に死にそうもないので、今後どうするかと悩むのだ。自業自得の人生だが、それでも自分で選択できた。周りからみればバカなことしかやってないように見えるだろう。でもそれが、4年の時を経て生きるときもあるのだ(実はこれつい先日)。

みなさん、後悔のないよう、生きて欲しい。トランプはバカだし、プーチンは権力基盤が維持できないと終わってしまう。習近平は、いままでの中国国家主席と違う勢いで沖縄を取りに来るつもりでいる。災害も多いし、景気も必ずしもよくはない。こういう中で、どれを選択して、何をなすのか。流れのままに生きるのが結果として満足のいく人生だった人もいるだろうし、流れのままに来て老後にコケる一番悲惨なパターンの人もいる。55歳で博士もってるとか東大でしたとかいっても「アホか」と思われるだけだ。何事も、維持してこそ、意味がある。

さて。

「幸せになりたい」

と、みんな、いう。不幸でいいと言っている人は本当はそうではないはずだ。人間として生まれ、脳の病気とかではなく。一般的な社会性と価値観をもつ人は、みんな、「幸せになりたい」という。口に出さなくてもそう思っているだろう。その人の幸せがカネなのか家族なのか仕事なのかスリルなのかはさておき、それぞれ「幸せになりたい」と、みんな、言うものだ。

私は、「生きる」ということの究極的な完成、つまり幸せというのは

「自分の人生の満足度を維持すること」

によってなされると思う。いや、これにつきると思う。別に3万円のアパートで、売りきりの割引肉でうまいもの作って満足する人もいる。それは否定はしない(俺にいまそうしろと言われたら覚悟がないのでイヤだけど)。人それぞれいろんな満足、言い換えれば幸せがある。それでいいのだ。

どうか日本国民よ、みな満足して幸せになっていただきたい。国益なんて考えなくていい。まずは自分の利益だ。でも人を騙したりするのはいけない。「結果、できなかった」、というのと「最初からインチキでしたよ」というのでは話が違う。とかくインチキがまだまだはびこる世の中だが、そういう方向に向かず、自分の正しい道で満足と幸せをつかんで欲しい。利益、幸せというのはカネだけじゃないんだから。

この日本で、満足して生まれてから死ぬまで生きれた人、何人いるだろう。でも、少しでも満足度が高い人の人数は多ければ多いほど、いいと思う。誰も国益なんか考えなくていい。自分の幸せ、満足、利益でいいのだ。

だって、その集合体が、国益のためになるのだから。