問題!(ウルトラクイズ風)

「以下の写真は、公印付きの公文書である。この文書には、明らかな間違いがある。それはどこか。具体的な制度、法令名をあげて指摘せよ。なお、これは「紙に書いてある文字だけで最高峰に厳密な解釈」であるものとする。」

こんなの厚労省と国税しかわかんないかな。鳥羽衛先生なら一撃だろう。電話一本でおしまいだろうな。

答えは「税」と「料」。

ホントは国民健康保険料と国民健康保険税は違う。なのに、法に基づかない通達や政省令でコロコロ準用するとするのは法理的におかしい。大体、準用の意味を分かってるのか。いつも準用なら、準用じゃないそれは。法理論的におかしい。それでもいうなら、準用するって所まで細かく書いてよこせよ。税って書けばすむ話だろ。そもそも、この役所の他部門が仕事しないからこういうことになってるんだから。俺の手をわずらわすなよ。永田町から各党一人ずつ電話入れてやろうか?

ちなみにこの役所には「永田町から一発いれるか?」っていったらおとなしくなったんだが、そんな対応じゃダメだろ!「国会議員だろうがヤクザだろうが取り立てます地獄の先まで」って言わないと。公平が保てないだろ。(当然通話録音済み)

ちなみに私は某企業の社会保険なので国民健康保険ではない(笑)。国保高いよ。年金と会わせるとかなりの金額になる。生活保護の方が楽でいいよ。バカらしい。

こうやって、問題は常に大きく大きく、いろんな人たちを巻き込んで大騒ぎにしていく。台風の発達みたいなもんだな。で、途中から話を変えて、違う奴の悪いことが見つかった!それも出そう!とか言ってどんどん困る人を増やすと、どこかのタイミングで上の方から「声」が聞こえたり、食事に誘われて、終了となる(笑)

昔、役人いじめたら生意気にも反抗して来やがったバカがいるんだが、毎日いろんな人が偶然訪問したとか、謝罪の手紙を送り続けるとか、頭が混乱して事実でない文章を役所に送ってしまったとか(その後すぐに謝罪して訂正の手紙を送る)、きちんと誠意ある対応をしていたら、どうも、遠くに行ったらしい。一人で。俺も似たようなコトされたことがあるが、めんどくさいので、警視庁付近に「あるもの」をだして、バンバカ警備させたらいなくなった。ありがたいありがたい。

いつも、強い役人(権力者)にいじめられると、ジャッジメントが出てくるんだよねぇ。ありがたい限りです。

↑「おまえは本当にタチが悪いな」と天国で大爆笑してる人がたくさんいますね、たぶん(笑)。

でもねぇ、こういうことも、すべてはカネでカタがつく。それをずっと見てきたからこういうことが言える。世の中は本当に不公平だよ。弱者に対して優しくない。行政も何もかも。だから、弱者をいじめるような役人がいてナントカしてくれと頼まれたときは、因縁でも何でも、できるだけ面白く騒ぎにして、いじめ抜く。徹底的に突っついて、ちょっとのミスをバンバン追い詰める。いやなら辞めりゃいいんだ。その役人が弱者にやった分、俺が何十倍にもして、キャリア潰してやる。でも、耐えたら、今度は丸め込んで次回何かあったときに使うわけだ。そいつは前回のことがあるから、コトを大きくしたくない。そこに「交渉」や「上司からの指示に近い言い回し」が出てきたら、法なんて簡単に曲がる。

仕事としてそういう、はっきり言って悪い(?)こともやってきた。法務省とグルだったこともあるし、当然他の役所もある。それはみんなが退官するまで言わないつもりだ。法廷に立った場合は口は軽くなるし、おそらく国会がストップとかの騒ぎになると思うが(笑)。

ただ、そういうカネは、ため込んだら腐る。冗談じゃなく。だから俺は奢って飲んでなんか買ってANAに払って台湾でシジミの紹興酒漬け食って使ってしまった。「派手に使ってるな。でもタマリはないな」って国税のダチに笑われたんだよね。普通は貯めるらしい。「おまえ、毎年俺の口座洗ってんじゃねぇよ。奢って欲しいなら言ってこい別につれてくから」っていったり。面白かったね昔は。

・・・とおもったら、いつの間にか、私、借金が都心1LDK住宅ローン並みなんですが、どうしましょう(苦笑)収入じゃなくて借金したカネ使っちゃってて気づかなくてさ、アホだねー(^^;)

「悪いコト」なんてオレが言ってるのは全然、永田町では日常茶飯事のレベル。俺なんか可愛いもんだよ。パソナなんかすごいだろ。役人みんな食われちゃってんだもんよ。俺は詳しく知ってるぜ、当時から、そこにいた爺様からのタレコミで誰がいつ来たとか聞いてるからな。そろそろどこぞの局長級の人とかもいますねえ。

 

・・・おわかりか。私は権力側でもあり、弱者側でもある。気に入らなけりゃ騒ぐし、きちんとしてれば権力側として頷いてやる。そんなことやってるから「おまえの仕事はマッチポンプ」とか言われるんだけどしゃぁねぇだろう。うちのサイトが、というか、俺がこんな風になったのはこの日本国という国家のせいも多分にあるんだからな~。