伝説「総理の前髪がタレてくると政権は崩壊する」

誰が言い出したのかは定かではないし、私らの周辺だけなのかもしれないが、

「総理の前髪がタレてくると、その政権の崩壊は近い」

というジンクス(?)がある。別にすべての政権で検証したわけでもないし科学的・実証的な根拠は何もない。ただあるとすれば、政治家、それも総理大臣の職で前髪を垂らすというのは「余裕がない」というコトを示す。それがゆえにそういう話になったのだろうと推察される。

で、この話を書いている私は実はニュースを見ていない。寝込んでいたからである。

http://www.j-cia.com/

↑記事を書き続けてて、それが消えたのでショックを受けて、さらに、風邪が悪化しさっきまで寝ていたのだ。ようやくよくなってきたが。

それにしてもしばらくぶりに熱が出た。よっぽど気力と体力が弱ってるのだろう。

総理ももしかすると気力と体力が弱っているのかもしれないな、と「総理前髪タレてきたらもうもたない論」の一派である私は思うのでした。