次から次へと面白いことが起こる

ネタとして書ければいいんだけど、書く時間をまずは捻出しないと。年が明けるくらいには、文庫本くらいの量でいろいろ書いていけると思います。

誰も聞いたことないような話や深い話たくさんありすぎて・・・あ、連載も止まったまんまだ。