AI時代に残るものと俺のヘリの話

あと20年ほどで人間の仕事はほとんどがAIになるとかいろんな事が言われているが、絶対になくならないのが輸送。100年後は違うかもしれないが、少なくともいまこのサイトを見ている方が生きている間は、そんなにすさまじく何でもかんでもAIで自動で、とはならない。ドローンでどうのこうのと言ってるが、あんなもんバカバカ空に飛び始めたら気味悪いし、もし落ちたらどうするの?そこを超えられない限りドローンはないね。田舎は別かもしれないが。

輸送でなくても、人間がどうしても必要な場所がある。それはトラブルの時だ。例えば電車が脱線した、大規模災害が起こった、こういう場合にはAIは頼れないし、できるとしても人間がやった方がいい。

「物流というのは絶対になくなりませんからね」

今日はそういう話もしていた。貨物列車のようにある程度決まった物流ならAIでもいいだろう。しかし、「この人or物」を「今すぐ」に「特定の場所に運ばなくてはならない」という場合はヘリが一番いい。だから、ヘリ免許だと。あと、小さいヘリで中古なら安いらしい。それで十分に練習を重ねて飛行時間を稼げばいいと言う方も。まぁ乗りたいのは大型ヘリだがいろいろ制約があるらしい。まぁ、そんなものは後で考えればいい。だってそのヘリ10億以上するんだもん(笑)

・企画として面白い

・非常時にも役立つ

・仕事はたくさんある

・拾えるネタが増える(航空業界)

・某ヘリ輸送会社が知り合いの同級生だった

・万が一戦争が始まれば、物資輸送部隊として活躍可能(航空業界は知りませんが、船業界の労働組合ってド左が多いらしい。物資輸送に民間の船が使えない可能性があるみたいです)

・・・と、様々な理由でヘリ免許。AI時代をみても、絶対になくならないものを選んだ結果がヘリ免許。東日本大震災みたいなのがあれば、私は管制なんて無視して飛ばしまくりますから。日本は「緊急事態対処法」とか緊急災害庁みたいなのがないから、一元的に管理できず、超法規もない。本来は、災害などの場合、総理が緊急事態を宣言すれば、ただちに緊急災害庁がすべての省庁のトップに立ち一元的に命令管理を行い(まぁ昔の内務省ですね)、逆らう奴は即座に異動させられる人事権も持てる最強機関がないといけない。災害で人助けしました、あとで免許取り消されましたなんて間抜けな話はない。

ま、いざとなれば米軍のヘリだってことにしてもらえばいいのですが(笑)

日本は規制が厳しいのでアメリカ映画みたいな低空飛行はできないですが、まぁ、特区作ってもいいし、そんなもんはなんとでもなる話。空業界は結構規制枠を外すところがたくさんあって面白そう。てなわけで、ヘリパイロットだなと思ったわけです。

というわけでいまからNHK二階堂放送協会の編集します。