東京特捜もこれくらいの事件やらないとな。

2017/11/24

住吉連合会(当時)中里剛は、借金で、潰れてしまった暴力団であるが、その中里剛は、江戸川区の中里区長に近しいものだった。当時の江戸川区OBにはわかる。

中里剛は、建設業、中里建設を営んでいた。長年、江戸川区に大手ゼネコン(戸田建設を除く)が、入って来なかったのは、中里区長と中里建設のオカゲである。

近年、大手ゼネコンも江戸川区に入れる様になったのは、何度も倒産の噂があった、スターツのお陰だ。スターツを足掛かりに、大成建設が小岩の駅前でタワーマンションを建設、そして江戸川各所で大きな案件が、蠢いている。

そして今、江戸川区の庁舎立て替えが、計画されている。立て替えが必用な理由として、職員の数と、稼働床面積があわず、手狭になっていると言うことである。しかしながら、江戸川区に配された、各出先事務所に行けば明白であるが、ほとんどの出先の職員は、なにもしていないやつが、多数いる。会計検査院の立ち入りを、切に望むものである。床面積が足りない?バカを言うなという話だ。

江戸川区の庁舎立て替えは、大西英男、多田区長、宇田川都議を中心に進められている。いわば中里剛のDNAを引き継ぐものたちである。

江戸川は、人口が約70万。高知県や秋田県の総人口と変わらない。その予算もけた違いである。

江戸川区の庁舎立て替えは、大成建設が受注するだろうが、軽く100億を、越えるとの計画。テンガロンハットもびっくりだ。

他にも、産廃の施設の立て替えが、数百億~数千億。はてさて、誰の懐に、どれだけの金が、転がり込むのか、……

足立ナンバーの土建屋、建築屋、の高級車は、それこそ反社がらみの、政治家のおこぼれ頂戴組である。

-------------------------------

http://www.j-cia.com/archives/13824