◎愛知県福祉事業の概説(2017.11.11現在)Ver1.0

*これ以外にもあるとおもいますが、各役所の方、匿名でいいのでツッコミをお願いいたします。

------------------------------

子育てしながら働きがんばるメンヘルサバイバーでシングルマザー・シングルファーザーのあなたへ。

a.子育て

http://www.pref.aichi.jp/life/4/18/
http://www.pref.aichi.jp/life/4/18/62/
あいちはぐみんネット
http://www.pref.aichi.jp/kosodate/hagumin/

1.児童手当について
児童手当制度は、児童を養育している方に手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としている。
窓口は市役所・町村役場
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kosodate/0000032629.html

2.児童扶養手当
父母の離婚などで、父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭(ひとり親家庭等)の生活の安定と自立の促進に寄与し、児童の福祉の増進を図ることを目的として、支給される手当。
窓口は市役所・町村役場の児童扶養手当担当課
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jidoukatei/0000075977.html

3.愛知県遺児手当
母子家庭又は父子家庭等の生活の安定と児童の健全育成のための手当を支給する制度。県内に住所があり、要件にあてはまる18歳以下(18歳到達の年度末日)の児童を監護・養育している方に支給。
窓口は市役所・町村役場
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jidoukatei/0000010964.html

4.JR通勤定期運賃の割引
児童扶養手当の支給を受けている世帯は、JR東海の通勤定期運賃が3割引となる。<通学定期は対象外>。
窓口は市役所・町村役場
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jidoukatei/hitorioya-seido.html

5.税の軽減
母子家庭の母・父子家庭の父や寡婦が一定の条件を満たす場合、一般の基礎控除、扶養控除などの他に「寡婦(夫)控除」の適用が受けられる。
窓口は所得税:各税務署、住民税:市役所・町村役場(京都市内の方は区・支所)
http://aiboren.jp/center/support/entry-35.html

6.子ども医療制度
子どもが必要な医療を安心して受けられるよう医療保険の自己負担相当額を公費で支給して、子どもの健康の保持増進と子育ての経済的な負担の軽減を図る目的で、県内の市町村において実施されている。
窓口は市役所・町村役場の子ども医療担当課
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jidoukatei/0000010975.html

7.母子・父子家庭等医療制度
母子・父子家庭等医療制度は、母子・父子家庭等の方が医療機関において医療の給付(入院・通院)を受けた際の医療保険自己負担額について母子・父子家庭等医療費として支給。
窓口は市町村役場母子・父子家庭等医療担当課
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jidoukatei/0000010978.html

8.ひとり親家庭への家庭生活支援員の派遣
母子・父子家庭及び寡婦の方が、技能習得のための通学、就職活動、一時的な傷病、冠婚葬祭、出張、学校等の公的行事等への参加又は生活環境等の激変により、日常生活を営むのにお困りの場合、児童の保育、住居の掃除、食事・身の回りの世話などを行うための家庭生活支援員を派遣する事業を市町村が実施。
窓口は市役所・町村役場
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jidoukatei/hitorioya-seido.html

9.ひとり親家庭等児童の一時的な養育・保護
短期入所生活援助事業
夜間養護事業・休日預かり事業
窓口は市役所・町村役場
http://aiboren.jp/center/system/entry-22.html

10.高卒認定試験講座修了等給付金
母子家庭の母又は父子家庭の父並びに母子・父子家庭の子が、高卒認定試験(旧大学入学資格検定)合格のための講座を受け、これを修了した際に受講費用の20%が支給される。また、高卒認定試験に合格した場合にも受講費用の40%が支給される。(最大、受講費用の6割、上限150,000 円)
窓口は市にお住まいの方は市役所、町村にお住まいの方は県福祉相談センター