病は気から、かなあ

ちょっと気持ちの上でいろいろ重なっているので(ヘリ免許は取りたいですが!)、少しの間、おやすみするかもしれません。

わたしはこう見えてもものすごい神経質。ありとあらゆる可能性を考え、さらに新し物好き、でも本業は物書きでありたい。

薬に頼ることで無理を続け、体のSOSも無理やり押さえ込んで生きてきました。この二十年近く、表に出せない前人未到の経験をしてきました。

もう心はボロボロ(笑)、体もボロボロ(笑)。体はすぐ治りますが、ただ、二十年も、後ろ盾もなく、見えない敵や見える敵、次から次へと起こるトラブル、変わった依頼、それから本業。
そんな生活をしてれば敵も増えるし、いちいち細かく相手してる暇がないのて、手段を選ばず人を潰すことも当然やりました。俺のせいで死んだ奴もいるでしょう。

追われ続け見えない危機を恐れ、しかし防戦ではいつか崖から落ちるだけ。打って出て、邪魔者は成敗して追いつめて潰すことも必要。
時代は変わりサイバー戦争への対処や技術対策もいる。だけど心が安らぐ絵や金が入ると評判の絵も描きたい。

その上ある程度の情報収集ルートも維持する必要がある。

そして、全貌を全て知っているのはわたしだけ。何かあれば一日で全てを捨て去り居なくなる。

そろそろ非常事態の際の手続きを記した書類を託す世話役をもらわないとダメだな。

病は気からというが、気持ちが盛り上がらないと調子も崩れる。休むと、と冒頭で書いたけど、結局やすめないんだろうな。。。