「ヘリ免許欲しければ痩せなさい」

ロビンソン22、というちっちゃいヘリで免許の練習するんだけど、ヘリは小さいやつの方が操縦難しい。パワーもないし。。。

それにしても、双発タービン免許取りたいんだけど国内だけじゃ無理なんかなあ。最初にアメリカかました方が制度上やりやすいとか聞いたんだけど、国内で民間人が免許取れる仕組み、ないなら作れよ国交省航空局は。作ってくれないなら公明党の議員の収支報告一枚ずつ出してくぞ、とか言えばいいだろ。(笑・国土交通省大臣はいつも公明党でしょ。みなさん、なんでかわかりますか?公共事業の三次以下の下請け、党員じゃなくても、寄付ある程度出せば仕事もらえるの。そういう仕組みを時間かけて作ってるわけよ。行き当たりばったりの小池のババアと違うわけよ。それこそ、公共事業の一次落札企業が忖度して注文出すからなんだよ。だから公明党はいつも国交省なの。まぁ、利権だわな。ちなみに厚労省系利権は自民党です)

それにしても、ヘリは運転手なんて軽いに限る。痩せなきゃならん。もう時間がないからスーグラとゼチーアで。。。この際多少の被害はやむをえん。

んで、免許とったら!大きいヘリ乗せてもらって、俺がなのはの衣装着て、レイジングハート持って飛ぶとか。。。

 

というつまらない妄想をしていました。いやぁ、死ぬ前にアホなことはやり尽くしておきたい。

 

少しは元気になってきたかな。進んでない仕事とか考えたら鬱になるんだけど。。。明日から少しずつ外に出るようにします。