国交省?の航空医学利権!

航空医学、業界内で閉じた東海大サークルになって、利権化してる。参考書も廃版で放置。
何か、知られてないのを良いことに、利権団体となってますね。参考書は、21世紀最初にだされた本だし。

指定医を受けるのに、既に受けている医療機関で研修というのは、基本、学会専門医レベルのシステムです。

東海大に入らないと、サークルに入れないのかもしれないです。

帝京の本院が入れていますが、あそこは先代が小沢一郎の最初からの秘書とベッタリだったからか。

今は、航空医学の指定医とるには、既に指定受けている医療機関で働いて、指定受けないといけないみたいです。
しかし、医療機関の多くは単なるクリニック。航空局はそういうところも放置かよ。厚労省にまたがるからなんか言われても厚労省のせいにするんだろうな。

羽田空港を支えている、東京労災病院、東邦大学大森も入ってなくて、羽田空港内の診療所は入っています。航空身体検査指定機関の選定基準がおかしいだろ!

航空医学は、施設を限定してるのに、施設の設置基準がねえんだよ。完全に、不透明な予算が多い航空局の利権じゃねえか。東海大とグルの。小泉のガキに言ってみるか。

大学病院では、川崎医大が入っていて、関西の大学病院が無いとか、基準が全くよめない。九州は、小倉記念病院、大村市民病院以外は、個人病院か診療所。沖縄も琉球大が入ってないのは当然として、理想的なアメリカ医療を勉強出来ると評判の、中部病院も入ってない。航空身体検査医師になる基準は何なんだよ。

帝京の本院か東海大に所属して、それから独立すれば、個人クリニックでも大丈夫ということ?変じゃん。

 

和泉クン(官房に国交省から出てる総理だか官房長官の秘書官)、どうなのよそこのところ。文科省の前川があれだけ騒いだ原因は、君がオリンピックスタジアムの件で詰めすぎたから、と官邸筋からきいている。だからこの航空医学の件も答えるのだ!