健康第一、と思うようになったのは年取った証拠

https://www.cainer.com/japan/today/leo.html
しし座の予報 2018年02月05日

あなたが大切に思っている誰かが困っているとき、その人を助けるためならあなたは何でもするでしょう。どんな犠牲でも払おうとするに違いありません。でも、その誰かがあなた自身であるときは、あなたはなかなか動こうとしません。しし座の真向かいの星座に位置している水星と金星の動きから言えることは、「厳しい状況で頑張っているのだから自分がより良い成果を得るのは当然だ」とあなたが思わないのはなぜなのか、じっくり考えてみる時だということです。今のあなたには考えうる最高の立場にいる資格があります。勇敢になり、自分に優しくしてください。そうすれば皆に恩恵がもたらされるでしょう。

 

↑土曜日あたりからちょっと変だなと思っていたら、案の定、調子悪い。まぁリズム崩したからだろうが、水飲んで寝てる。年始から3回目の不調だが、検査しても何も出ないし、脳や心臓疾患の前触れなども洗ってみたが完全に当てはまるものはない。

しかし健康なんて勝手についてくるものだと思っていた。調子悪くても二、三日水飲んで寝てれば治るもんだと思っていた。

そもそも、昔から体が弱く、10代や20代は毎月風邪ひいて二、三日寝込むのが当たり前だった。病気は散々しているのでむしろ、健康な人より「休むタイミング」はわかる。ダメな時も無理するが、「これ以上やると死ぬな」とわかるのは、病気がちだったせいだろう。

ただ、そのくせ、山登る体力はあったり、根性もあったりなかったりで訳がわからない。この間も、夜中に車で京都へ行き、早朝から伏見の山を登って降りてとやり、さらに大阪まで向かったが、疲れるものの、別に平気。翌日も朝から動いて、三日目の朝から運転して昼には東京、と、三日くらいあんまり寝なくても平気だったり、全く訳がわからない。

 

なのに、こうやって、謎の不調や痛みなどで寝込む時がある。予定してた相手の予定を潰して入れたのにドタキャンしてしまったのが申し訳ないが、早く治して下さいと言われるとちょっと焦ったり。体が痛いから、動けても、最低限動いたらまた横にならないと辛いのだ。

 

年明け早々不調だったし、今回は、頭や体が不定期に痛くて、おでこがもやもやする。薬は飲んでも飲まなくても大して変わらないとわかったので、よほどひどい時以外は何も飲まなくなった。それよりも、水飲んで寝てる方がよほど早く治るだろう。

 

私は破天荒だが、結構昔から体が弱い。そのくせ体力があったりと、訳がわからない。

まぁ私は明日あたりには治るだろうが、私みたいな謎の不調を持ってる人は世の中にたくさんいらっしゃるようだ。不調を嘆いた時もあったが、こんなもんだと諦めておけばいいと思うようになった。あまり真面目に考えてもストレスになるだけ。

「そのうちなんとか、なるだろう」

 

本当は不調でなく、神経系統がおかしいだけかもしれない。まぁ、いずれにせよ、強制的に休まされてるということは、この後元気に戻ったらまた面白いことがあるということだろう。そのための体力を温存するために寝込むように仕向けられているんだと思うようにしている。

 

人間とは、気持ちの持ちようで如何ともなるものでもある。

というわけで一昨日あたりから寝込んでいて寝たり起きたりしてるが、なぁに、不健康も楽しめばよいのさ。そう思う方が前向きだわな。