やっぱりな。怪しい。

大手のビットフライヤー(東京・港)は、一部通貨では対応していなかったコールドウォレットとマルチシグを全通貨に拡大している最中だという。ビットポイントジャパン(東京・港)も「マルチシグを導入し、コールドウォレットの比率も高める」(同社の小田玄紀社長)方針だ。Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ(大阪市)は1日、コールドウォレットで管理する残高の比率を引き上げると発表した。