「貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか?」 一覧

【投稿】さきほどの猫の親

さっき撮ったのですが、上の写真の母猫です。
今でも朝夕餌を食べにきます。
ちなみに名前は「なっちゃん」。
猫を嫌う人も多いですが、私は運をもらっていると思います。

IMG_0241.JPG

台風で風強くて欠航

なんだよ珍しくこんなもん乗ろうと思ったのに(笑)

IMG_5815.JPG

親子だニャン

頂き物の写真だにゃー!

猫のように自由きままな二階堂でした(=^x^=)

FullSizeRender_6.jpg

【投稿】暑中見舞い

こういうメールはありがたいものだ。日々瑣末な幸せを大事にして生きていたいと思う反面、ガッツリ何かをやりたいとも思う。ああ、ニンゲンとはなんて矛盾にみちた生き物だろうか。

以下投稿。

------------------------
〈Sさんより〉
暑さ益々厳しくなってきました。お身体を大切に毎日の更新を楽しみにしております。また公園内のバラが咲きました。道路フェンス沿いに松葉牡丹を植え皆様に楽しんで頂いてます。

IMG_5808.JPG IMG_5809.JPG IMG_5810.JPG

フーレセラピーで男がいけるところないの?

ていうか、女性専用とかうたってても、知り合いならOKとかがほとんどだと思うけど・・・

いく人は誰かって、俺(笑)。相当体ひどいからやりがいあるよ。3時間×週3回くらいやればほぐれるかなってかんじ。

もしフーレやってる人がいたらよろしくお願いしまーす。

震災成金・・・いつまで震災が鼻くそとかいってるんだよ

震災はしょうがない。もう、運が悪いとしか言いようがない。あとは自分で努力するしかないんだが、国が悪いとか原発が云々とか・・・

結局、みんな金ほしいだけじゃねぇか。税金からオラに金よこせ、の世界だろ。

「生きていても足手まといになります。墓に避難します」と書いて自害したばぁさんがいた。俺は一番偉いと思うよ。そういう日本人は減ったよね。そうあるべきだよ。足手まといになるくらいなら死ぬという覚悟のある人間がなんて少ないことか。

-------------------------------------------

「いわきの被災者から聞いた話ですが 避難成金がいるんですね。いわきのとある地域が住み易いからと集まっているそうですが 15千万のアパートオーナーになった、数千万の外車を色違いで二台購入するとか。。どんだけお金もらってるんですか?
スーパーのレジ待ちでも「おい うちは避難民だぞ」と割り込もうとするらしいです。
とある健康機器 数十万しますが全国で一番売れている地域らしく 他府県から業者が売りに来ているらしいです。
知人は「家は被害は大きかったけれど避難地域からちょっと外れただけでこれだけ違うのか。。。」って嘆いてました。」

↑もう、こんな話が出るくらいの状態。話が本当だろうが嘘だろうが、もはや「火のないところに煙り立たず」なのである。

新国立競技場の金の問題

ラグビーだの、そもそものオリンピックだの、要は、決めるやつに裏金渡してるんだと。その処理の一面もあるみたいね。そうやって回収するんだってさ。まぁ、しゃぁないな。あんな審査なんてどうせ「どっちが面白い接待したか」だけなんだから。

すぐ絶版になるから買っておいた方がいい

以下は星占い書。まぁプロ向けなんだが、すぐなくなっちゃうので買った方がいい。

わたしも買いました。

目移りして、物書きもさることながら「いろんな占いやり始めている」二階堂でした。

 

クリスチャン・アストロロジー 第3書
ウィリアム・リリー
売り上げランキング: 328,853 位

タングステン純度99.99%ありマス。

なぜかウチの会社に、ウクライナ産のタングステン(それも純度99.99%!)が来た。純度フォーナイン!いやぁ、俺って何者(笑)!と思われるかもしれませんが、もちろん私は危ない橋は渡らないので、法的にはなんら問題なく流通・輸入できる品物です(経産省、法務省確認済み→細かく説明しませんが、この手の貿易のプロならわかるとおもいます)。

SGS検査報告書もございます。20キロ単位から販売します。

ま、使うのは日立金属やら昭和電工やら三菱重工やら、商社だと思いますけど、一応、最初はここで。

 

image1.JPG image2.JPG
ご連絡はメールでinfo@inkaidou.comあるいはLINEでnikaidou.com999で話しかけてください

あれこれ目移りする

俺は落ち着きがない。いまでいえばADHDだの何だの病名がつくのかもしれないが、少なくとも授業中はちゃんと座っていた(寝てただけという話もあるが)。

勉強も、一気に集中すると全問正解とかになるのだが、やる気がないとだめ。英語ができないのは、中学校で最初に教わったのがなにせホモっぽいひげが濃い独身男で、しかも性格が悪かったからだ。その後も英語教師には恵まれず・・・しかし、国語や社会は結構な美人先生だったので、成績が一気に上昇。褒められたいがためにあるとあらゆる角度から勉強をしたものだ。おかげでものすごい点数だったが「科目によって偏りがありすぎる」と言われた。

いまの画一的な教育方法、しかも、教師になる人間が必須単位が多すぎてなにもできない。優秀な人間は教師なんてやらないし、そこそこの大学のやつで「70点が取れる」やつが、とにかく学校に通って教師になる・・・つまり、「利口じゃない」やつが今の教師の大半なのである。そりゃぁ、利口じゃないやつに教われば、利口じゃなくなるに決まってる。もはやネット社会で、すでに集団生活云々なんていうのは崩壊しているだろう。国が強制的に生徒を一カ所に集めて勉強させるというのは、子供の発育上も必要なことだとは思う。が、いかんせん、だめなやつがマニュアルに沿ってやっていて、しかも下のレベルに合わせて進行しているので「だめなやつを量産」してしまっているのが日本の教育だ。あれじゃ、だめだ。

さて、目移りする話からだいぶ離れてしまった。しかし上記のように、話も目移りしてどんどん変わっていくことがある。会話も思いついた順番でしていって、いきなり前の話題に戻ったりするので、話している人は大変らしい。まぁ、しょうがない。私が目移りなのだから。でも問題なのは、さっきまで話していることを忘れたり、10秒前にやろうと思っていたことを5秒前に近いことをやろうと思ったせいで忘れたりすることだ。単なる馬鹿かもしれないが。

私が違った教育を受けていたら、今とは違う道を歩んでいただろうし、少しは社会性を持った人間になれたであろう。いまの私は、取り柄のない人間で絵も描けないし社会生活にもなじめない。へんぴな文章を書いてそれがある一定数に受け入れられているから生きていけるのだ。決して文学賞を取るようなものではないが、まぁ、15年も続けて来たんだからそれなりのものはあるだろう。その代わり私の社会性は人よりないのかもしれないが、まぁ、それを望んでやってきたし、文章だけは一応皆さんが読んでくれる程度のものがかけているのでよしとしよう。

ほんと文章まで目移り。

3Dプリンターが出たとき「これでなんかできないかな」とか、「こういうプログラムがあれば更新も楽だから自分で作りたいな」と思ったり・・・しかし、いずれも勉強している段階で断念。結局、文章を書くことしか能がないのである。

アイディアも、書きためてこれはいけると思っても結局何の行動も起こさなかったり・・・何年か後に考えていたものと同じのが出ると「ああ、やっぱり」と思うのである。

さて、目移りというのは仕事だけではないんだが、ほかでも「これもいいしあれもいいな」なんて、食べ物や服でも悩むことがある。女の子も「あの子がいいかこの子がいいか」なんて悩んだりしていたのだが、もうすっかりそんな気も失せて引きこもりがすきな文章を書く変な人になってしまっている。しかし、「いま」を生きていられるだけ幸せなんだろう。目移りしてもなにしても、「(いまは)これでいいのだ」と、天才バカボンのパパの台詞をつぶやく俺なのでした(結局、そこにおちつく)

 

君も

都知事選の前、いやだいぶ前から名古屋の関係者とゴルフをし「カネがない」とのたまっていた(しかも俺の知り合い)のに、都知事に出る条件で借金分をいろいろやってもらったせいか元気いっぱいだなぁ。

なりすましはこれだから困るよ。(舛添は帰化人だと自分で言っています)

http://mainichi.jp/sports/news/20150720k0000m040124000c.html

おはようございます

ここ数日、暑いのでアイスノン使って寝てますが、これが快適。サクッとねれるし、エアコンも強くしなくていい。「やわらかアイスまくら」は持たないからダメで、やっぱりアイスノン。これ。がっつり堅いアイスノンもいいけど(長持ちする)、これでも十分。

こうやって、「不思議なこと」を科学ですべて証明できればいい

「神様」の正体もそのうち明らかになるかもしれない。まぁ、おそらくヒトの思念体の集まりだとは思うが。

以下日経から。。非常に興味深い「不思議現象を科学で証明する」というものだ。こういう記事はいいねぇ。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO89389280W5A710C1000000/?dg=1

 

ふと気配のようなものを感じて振り返ったら、背後に人がいた。あるいは、誰かがこっちに近づいて来るところだった……。こんな経験は、あなたにもあるのではないだろうか。これって単なる偶然? それとも何かをキャッチした結果?

姿を見たり、足音を聞いたり、においを感じたりするよりも早く感じ取る「気配」なるもの。なんとも不思議な現象だが、これにはどうやら“電気”が関わっているらしい。東京大学生産技術研究所機械・生体系部門特任准教授の滝口清昭さんによると、「私たちの体の周りには『準静電界』と呼ばれる“電気の膜”があり、それが気配の正体なのではないか」というのだ。

■人が帯びている「準静電界」が気配の正体?

「人間の体の周囲には、静電気のような、ごく微弱な電界が全身を包むように存在しています。電界の大きさやプラス・マイナスが常に変化しており、これを『準静電界』と呼びます。気配と呼ばれるもののすべてはないにしろ、一部についてはこの準静電界が関係していると考えています」と滝口さん。

体の中では、常に微弱な電気が生じている。筋肉を動かす、脳が体に指令を出す、心臓などの臓器が働く、さらには細胞と細胞が情報伝達するといった場面でも、電気的な信号が生まれる。例えば、脳波や心電図、筋電図などは、脳や心臓、筋肉に流れる電気信号を“見える化”したもの。体内で発生する電気信号は、生命活動そのものでもある。このような体内にある微弱な電気が重なり合い、体の外側ににじみ出て、見えない電気のベールで全身を包み込んでいる。これが準静電界だ。

準静電界は、電波のように空気中を伝わることはなく、人体の周囲にとどまり、そこで強まったり弱まったりといった変化を繰り返しているという。準静電界は、人間だけでなく、動物や植物など、生物すべてが持っている(生体電位とも呼ばれる)。ただし、非常に弱いので感知するのは難しいそうだ。

■サメやナマズは鋭敏に準静電界をキャッチ

「ところが、この準静電界のごくごく微弱な電位を感知できる動物がいるのです。サメやエイ、ナマズなどの魚類、またオーストラリアに生息する哺乳類のカモノハシなどです。これらの生物の体には、準静電界を感知する“電界検出センサー”が備わっており、このセンサーを使ってエサを捕まえる。視界や嗅覚が利かないような環境下でも、これなら高精度にエサを認識し、捕まえることができます。このセンサーは視覚や聴覚などよりも古い、非常に原始的な感覚器だと考えられます」(滝口さん)

例えばサメの場合、3メートルほど離れた場所から、砂の下40cmくらいのところに潜んでいるヒラメを検知することができるという。光が届かない深海でも、ヒラメが身にまとう準静電界を鋭敏にキャッチして忍び寄り、アタックするわけだ。ちなみに、通信用の海底ケーブルがサメにかじられて問題になったことがあったが、「ケーブル周囲に発生する電界をエサの魚と勘違いしたようです。最近は、サメからの襲撃を防ぐため、ケーブルの周囲に電界が漏れないような工夫が施されています」と滝口さん。

では、その電界を検出する器官はサメのどこにあるのだろうか。滝口さんはこう説明する。

「サメの頭部には、電界を感知する小さな穴がいくつも開いています。この穴が、『ロレンチニ瓶(びん)』と呼ばれる電気受容器です。ロレンチニとは、これを発見したイタリアの学者の名前、瓶はこの穴がフラスコのような形をしていることに由来します。穴の奥には複数の有毛細胞があり、これらが超高感度で電界を感知し、それをさらに高電圧で増幅させて認識していると考えられます。実は、このロレンチニ瓶に似た器官は、我々人間にも存在します。それが耳の奥にある内耳です」

■人間の気配センサーは内耳と体毛?

内耳には、カタツムリの形をした「蝸牛(かぎゅう)」という器官があり、聴覚をつかさどっている。この中には“毛”の生えた細胞、つまり有毛細胞があり、外から入ってきた音を振動として捉え、電気信号に変えて神経に伝えている。そう、ここにもロレンチニ瓶と同様の有毛細胞があり、盛んに電気活動が行われているのだ。

「人体の中で一番電圧が高い組織は、この内耳。脳や心臓よりもはるかに高い電圧が常時生じています。私たちは、この内耳がロレンチニ瓶の名残ではないかと考えています」と滝口さんは話す。

ここで、冒頭の「気配」の話に戻ろう。つまり、この“毛”もあって、電圧も高い内耳こそが、人間においては準静電界を感知する器官ではないかと、滝口さんらは考えているわけだ。「世の中には、流星の音が聞こえたり、星が流れる気配が分かったりする人がいて、流星観察の場で重宝されています。ある調査では、大学生の約2割が聞こえたり、感じられたりするそうです。こうした人たちが、もし内耳で電界の変化を検知しているとしたら、音が聞こえることと、電界の変化を検知して気配を感じられることは、同様の現象だといえるのかもしれません」(滝口さん)

また、内耳以外に“体毛”も準静電界を感じやすいという。特に、細かい産毛は電気刺激に対して敏感だ。「総毛立つ」とか、「鳥肌が立つ」などという言葉があるが、気配を察知する力は一種、皮膚感覚に近いのかもしれない。滝口さんは、「産毛の多い子供や女性は、気配を感じやすい傾向がある」と話す。

■犬や猫も人の近づく気配に敏感

ところで、ペットを飼っている人なら、犬や猫などの気配察知能力に驚かされるのではないだろうか。「うちのワンコ(あるいはニャンコ)は、自分が家に帰り着くちょっと前から、玄関で待っているようだ」といった話を耳にする。犬や猫も、飼い主の準静電界をいち早く感じ取っているのか。なかには、何メートルも離れたところにいる飼い主の気配を察知して、尻尾を振って待っていることもあるという。しかし、そんな離れた場所から、どうやって気配が分かるのだろうか。

「歩行時には、体にまとっている準静電界も一緒に動きます。また、片足を上げるたびに、地面との距離が離れることで、人の電位が増幅されます。つまり、じっとしているときよりも動いているときの方が、人が作る準静電界の変化が大きいのです。私たちの実験では、アスファルトの路面を歩いているときには、20~30メートル先にまで、その電位の変化が伝わることが確かめられています」と滝口さん。

夏は夜行性がよいかもしれない

あつくて・・・夜も熱射病になりそう。こうなると、もうエアコンは夜でも入れっぱなしで、下手すると出かけてるときも入れっぱなし。帰ってきたら暑いの嫌だからね。

びっくりしました

暑くて。
梅雨明け前からいろいろやってて、昼夜逆転で、カーテン閉め切ってエアコンつけて、ずっと三日くらい部屋にこもっていたので、外の暑さにびっくりです。

最近、ひきこもりに快感を覚えだしました。。。!
本読んで、仕事して、誰とも会わない。
会わない方が思考が乱れない。いや、乱れるけど外部刺激ではないので、自分の思い通りに思考をセットしやすい。

むしろストレスの多い現代人に「おこもり」をすすめたくなる今日この頃です。

おまえが言うなよカネのこと(笑)

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150719/dms1507190830005-n1.htm

猪瀬が「オリンピックメインスタジアムは文科省が3000億にこだわってた」とかいってるが、おまえが言うなよ。まぁ、文部科学省ってのは傘下の公益法人(という名の天下り先。事実上国の管理がないところがほとんど)が一番多いからねぇ。配るカネもいろいろあるんだろうね。

日本は、貧乏人が政治家やるからだめなんだよ。つまんないカネで転んじゃう。日本なんて、100億あれば牛耳れるからね。やり方さえわかってれば。

二階俊博関係してないか?

東芝のインチキ不正。

取引がウエスチングハウス(原子力関係会社)の時代や、特許庁インチキ入札→結局技術がなくてできません→損失

の時代からじゃねぇか。西田もやっぱりかんでたか。ということは、ウエスチングハウスと特許庁の入札に絡んだ二階とか関係者に金いってないか?中国とかを通じて変な取引とか有るはずだし。国税も当然見てるだろうなぁ。でも、二階と仲よかっただろうから、東芝に調査が入った瞬間「天の声」で国税は退散しただろうけどね。

以下毎日新聞から全文引用。

http://mainichi.jp/shimen/news/20150720ddm001020240000c.html

 

東芝の利益水増し問題で、佐々木則夫副会長が社長を務めていた2012年の取締役会で社外取締役が、売上高や利益などの見通しを「不自然」と指摘していたことが19日分かった。実態以上に高い業績を見込んでいると問題視されたが、修正されなかったとみられる。東芝は社外取締役の活用が「経営監視機能を発揮している」としているが、実際には外部からのチェックが十分には機能していなかったことが浮き彫りになった。【片平知宏、岡大介】

問題を調査している第三者委員会(委員長・上田広一元東京高検検事長)も把握している模様だ。東芝は第三者委の報告書の概要を20日夜に、全文を21日に公表する。田中久雄社長は同日、記者会見する予定で、田中社長ら複数の経営幹部の引責辞任は避けられない見通しだ。

関係者によると、取締役会で執行役ら幹部が利益見通しなどを盛り込んだ社内向けの予算を報告。業績が前年度より大幅に改善することを想定していたため、社外取締役の一人が「なぜ、こんなに楽観的な見通しが示せるのか」とただした。しかし、業績改善の根拠などの十分な説明はなかったという。

これまで東芝では、インフラ関連工事などで利益の水増しが次々に判明。受注時に損失が発生する可能性を認識しながら、損失に備えた引当金を計上しなかったり、裏付けがないコスト削減策を決算に反映させ業績を良く見せたりするケースが明らかになっている。

今回の問題を巡っては、西田厚聡(あつとし)相談役が09年まで社長を務めていた際、パソコンの部品取引を巡って利益水増しがあった疑いも浮上。佐々木社長時代には社外取締役から業績見込みを疑問視する発言があったものの、東芝はこれを事実上放置した。

第三者委の関係者は「あれだけの組織だから『この見通しはおかしい』という声があって当然。利益水増しが止まらなかったことが問題だ」と指摘している。

写真撮る旅にでも行きたいなあ

ゆっくり時間を作って。。。
とか思ってると、永遠にかなわないんだよね(笑)

FullSizeRender_5.jpg